今回は、SIHH2017と同時期にジュネーブで開かれたWPHHから、フランク ミュラーの最新作を紹介します。創業25周年を迎えた現代独立時計ブランドのパイオニアは、果たしてどのようなモデルを作り出したのでしょうか。

 

象徴的なトノウ カーベックス™ケースにビザン数字が踊る

↑2017年WPHHの会場となった新拠点グランド マラニー

 

フランク ミュラーは、ブランド誕生から四半世紀という節目を迎え、原点モデルであるトノウ カーベックス™をベースにしたアニバーサリーモデルを発表しています。

↑フランク ミュラー「トノウ カーベックス™25周年アニバーサリー」315万円(予価)

 

ピンクゴールドとブラックのアプライドインデックスに加え、6時位置には25周年ロゴもセット。立体的なケースが特別感を盛り上げます。

18KPGとセラミックで作られたケースも、ビザン数字を「これでもか」とばかりにびっしり配置。縦55.5×横39.5mmケースは、フランク ミュラーらしさが全開です。

 

 

オフセット トゥールビヨンをスケルトン化

↑フランク ミュラー「ヴァンガード™グラビティ スケルトン」価格未定

 

X型ブリッジに支えられた大型キャリッジ内で、テンプが公転軌道を描く「グラビティ」を、大胆にスケルトン化したモデルも登場しました。

ブルーのキャリッジに納められたオフセットトゥールビヨンは、文字盤側からも確認できる直列ツインバレルによって、約5日間のパワーリザーブを有しています。

こちらは金無垢、チタン、カーボンなど、複数の素材で展開される予定とのこと。

 

 

ヴァンガード™からはスリムタイプが初登場

一体構造のヴァンガード ケースが、風防、文字盤、ムーブメントの空間を極限まで抑えることで、約9.5mmにまで薄くなりました。

縦53.7×横44mmのボリューム感のあるサイズは保たれており、薄いのにインパクトのある新鮮なスタイリングを作り上げました。
ストラップは従来と同じく裏側をネジ留めする方式です。

↑フランク ミュラー「ヴァンガード™スリム」97万円/ 「トノウ カーベックス™ムーンフェイズ ダイヤモンド」価格未定

右の時計はレディスサイズのトノウ カーベックス™。ムーンフェイズとケースにセットされたダイヤモンドが、個性的なデザインに華を添えています。

 

25周年の節目を迎えたフランク ミュラーは、2017年のWPHHを例年のウォッチランドから新設されたグランド マラニーへと場所を移して開催するなど、時計以外にも新たな展開が見られました。

↑ブランド誕生25周年を記念したガラパーティにはフランク ミュラー氏本人も参加

ジュエリーやテーブルウェア、ウェディングプロデュースなど、ビジネスの幅を広げながら一代にして巨大ラグジュアリーブランドへと進化し続けるフランク ミュラー。同社が次にどのような展開をみせるのか、時計以外の動きにも目が離せません。