【詳細】映画「SING/シング」吹替版予告映像はこちら

3月17日より日本公開されるアニメーション映画「SING/シング」。

現在全世界で続々と公開され、大ヒットを記録している本作だが、その中でも特別に全編吹替え版の制作が許されたのはここ日本のみ。日本語吹替版の声優は、内村光良(コアラのバスター・ムーン役)ほか、長澤まさみ(ヤマアラシのアッシュ役)、スキマスイッチ大橋卓弥(ゴリラのジョニー役)、トレンディエンジェル斎藤司(ブタのグンター役)、MISIA(ゾウのミーナ役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)ら総勢11名と、これ以上ないと思われる豪華声優キャストが集結した。

そしてこのたび、超豪華吹替キャストの歌声が響きわたる、吹替版特別予告映像が公開された。

内村光良が吹替を務めるコアラの主人公バスター・ムーンが主催した歌のオーディションに、街中の動物たちが集結。ブタのグンターに扮した斎藤司(トレンディエンジェル)の、ビブラートが効いたレディー・ガガの「バッド・ロマンス」や、ヤマアラシのアッシュに扮した長澤まさみの情熱のシャウト、ゴリラのジョニーに扮した大橋卓弥(スキマスイッチ)がしっとりと歌い上げるサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー」、またラッパー界からの参戦となるMC☆ニガリa.k.a赤い稲妻がウシのリチャードに扮し見事なラップを刻むクレイジー・タウンの「バタフライ」など、超豪華キャストの歌声が次々に披露される。

映画界・音楽界・お笑い界など、各界のスペシャリストたちが“人生を変える最高のステージ”をめざし全身全霊で吹き込んだ渾身の歌声と、デヴィッド・ゲッタ feat. アッシャーの「ウィズアウト・ユー」に乗せてバスターが語る「人生を変える絶好のチャンスだ! どん底に落ちるのも悪くない! もう行き先はひとつしかない! 上に、上がるだけ!!」という力強い言葉に背中を押された動物たちが奮闘する姿に、一度でも夢を持ったことがある人ならば胸がつかまれること間違いなしだ。



映画情報



「SING/シング」

2017年3月17日(金)全国ロードショー

監督・脚本:ガース・ジェニングス

製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー

出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他

【吹替え版】

演出:三間雅文

日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置

日本語歌詞監修:いしわたり淳治

出演(吹替え版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央

配給:東宝東和

(C)Universal Studios.

映画「SING / シング」公式サイト

http://sing-movie.jp/