写真提供:マイナビニュース

写真拡大

さくらインターネットは2月28日、専用サーバサービス「さくらの専用サーバ」のサーバモデルラインアップに日立製作所製サーバ「HA8000/RS210」を追加すると発表した。申込開始は2017年2月28日から。

「さくらの専用サーバ」は、最速10分で利用可能な専用サーバサービスで、Webブラウザ上でOSのインストールやサーバーの再起動など、各種操作を行うことができる。

「HA8000/RS210」は、システムの高集積化を実現する1Uサイズのサーバで、サーバを1台占有して自由にカスタマイズを行って利用できる「さくらの専用サーバ」のラインアップとして提供される。

月額費用は、契約年数3年で初期費用(18万円)ありの場合が3万円、初期費用なしの場合が3万5500円、契約年数5年で初期費用(15万円)ありの場合が2万5000円、初期費用なしの場合が2万8500円となっている(いずれも税別)。

なお、同サービスの開始にあたり、同社では日立公共システムよりサーバの供給を受けている。

(辻)