中居正広のミになる図書館

写真拡大

2月28日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)では玉森裕太(Kis-My-Ft2)、劇団ひとり、石田純一ら20代から60代までの5世代の解答者が登場し、しのぎを削った。

【写真を見る】中居正広「俺、ビブラート嫌い!」まさかの告白にスタジオ爆笑

「青春時代に恋人にしたかった女性芸能人は?」の問題で中居正広は男性回答者に「自分が好きな人言えばいいんだよ」とアドバイス。

城田優(30代チーム)は「答えは決めてました。そんなこと言われると、俺が好きみたいになっちゃう!!」と戸惑いを隠せない様子。

さらに中居は玉森裕太(20代チーム)に「恋人にしたい芸能人言えばいいんだよ!玉は誰が好きなの!!!」と詰め寄り、玉森が「えっ、えっ」とたじろぐシーンも。

玉森は最終的に「チャンスがあれば付き合いたい!」と上戸彩の名前をあげるが……、クイズには不正解。

そんな城田、玉森とは対照的に、劇団ひとり(40代チーム)は元気よく「菜々緒!」とリアルに好きなタレントの名前をあげて爆笑を誘った。

今回から始まった「ジェネレーションポーズ」は、中居の出すお題に合わせてチーム内でポーズを合わせるクイズ。

中居はリズムにのせて出題するのだが、クイズの説明を終えた清水俊輔アナに「出題は、清水君やったほうがいいよ」。

自らの音程を「癖があるから…」と表現し、「癖が無い方がいいと思う……」と弱気な一面をみせ、清水アナも苦笑い。

クイズの結果は、60代(石田純一、大和田伸也奈美悦子)チームが優勝を手にした。

次回、3月7日(火)のゲストは以下の通り。

【60代】具志堅用高、辺見マリ、前田吟 【50代】石原良純、出川哲朗、マリアン 【40代】劇団ひとり、政井マヤ、南野陽子 【30代】田丸麻紀、中岡創一(ロッチ)、道端カレン 【20代】藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、菊地亜美、宮澤エマ