写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは2月28日、日本マイクロソフトとレッドハットが2017年1月より開始している「Red Hat on Azure Partner Network」にMASTER Partnerとして加盟し、Microsoft Azure上でのオープンソースソフトウェア(OSS)の構築から保守までをトータルに支援する「OSSミドルウェアサポートサービス」を、同日より提供開始すると発表した。

「Red Hat on Azure Partner Network」は、Azureを基盤とした オープンソースソフトウェアの導入・展開を促進するパートナープログラム。

これまで、日本マイクロソフトが提供するMicrosoft Azure上で、レッドハットのRed Hat JBoss MiddlewareやRed Hat OpenShift Container Platformのサブスクリプションを使用する場合は、別途購入したリテール版のレッドハットサブスクリプションを持ち込むことが可能で、サポートはレッドハットが行う形態だった。

これに加えて今回、NECがレッドハット認定クラウド&サービスプロバイダー(Certified Cloud and Service Provider)として、レッドハットの Red Hat JBoss MiddlewareやRed Hat OpenShift Container PlatformといったOSSミドルウェアおよびコンテナプラットフォームについて、サブスクリプションおよびサポートの提供を開始する。

これにより、NECがユーザーを直接サポートする形態を実現し、サブスクリプションの月額利用も可能となる。

提供価格(Apache+Tomcatサポートの場合、Red Hat Enterprise Linux OSを含む)は、月額4万円(税別)からとなっている。

(辻)