画像

写真拡大 (全3枚)

 博報堂は、手を動かしながら考えるUX(ユーザーエクスペリエンス=ユーザー体験)デザインツール「UX Kokeshi」の提供を開始した。

 博報堂が提供を開始した「UX Kokeshi」は、「こけし」形状のオブジェクトを使って簡単にカスタマージャーニーマップを構築することがでるツール。
24種類ある表情シールを貼付することでユーザーの気持ちを表現、直観的に把握できる。

 人形の表情からユーザーの感情を把握することができ、ワークショップ形式でのUXプランニングに活用できる。手を動かしながら、プランナー、デザイナー、エンジニア等プロジェクトチームメンバー全員による体験デザインを手軽に行うことができ、メンバー間で共通認識を持つことができる。
利用例:宿泊予約アプリの場合

 また、博報堂は「UX Kokeshi」を活用したビジネスデザインワークショップおよび、UI/UX プロトタイピングワークショップも提供を行う。

MarkeZine編集部[著]