上海の最も厳しい禁煙令と称される「上海市公共施設禁煙条例」が3月から全面的に実施となる。中国新聞網が伝えた。

写真拡大

上海の最も厳しい禁煙令と称される「上海市公共施設禁煙条例」が3月から全面的に実施となる。中国新聞網が伝えた。

新規定では上海の室内の公共施設、室内の作業場所、公共交通機関内は全面禁煙となり、現在設置されている室内喫煙ルームや喫煙エリアも撤去される。企業がこれに違反すると、2000〜3000元(約3万2000〜4万9000円)の罰金が課され、個人がこれに違反すると、50-200元(約800-3200円)の罰金が課されることになる。(提供/人民網日本語版・編集/YK)