揚げ物を旨くする、過熱水蒸気調理は普及するか? シャープ「ヘルシオ グリエ」の企画書

写真拡大

パンをおいしく焼けるのはもちろん、冷めた揚げ物やギョーザを温めると出来立てのようによみがえると話題の「ヘルシオ グリエ」。この商品は、とある“反省”を元に生まれたという。「高級トースターではない」というその心は……?

昨年(2016年)、家電系ライターの間でかなり話題になっていたのがシャープの「ヘルシオ グリエ(AX-H1)」。トースターと同じようにパンを短時間でおいしく焼けるだけでなく(食パンはもちろん、特にクロワッサンの温めは絶品だ)、冷めてしまった天ぷらやとんかつ、ギョーザなどのおかずを「外はサクッと、中はジューシー」に仕上げる再加熱も得意技である。

こう書くと、2015年のヒット家電である高級トースター「バルミューダ ザ・トースター」を連想する人も多いだろう。ヘルシオ グリエの見た目は確かに、”赤い高級トースター”といった趣きである。

しかしこの商品はトースターとして開発されたものではなく、ある“反省”を元に生まれたものだという。どのようなコンセプトで企画されたものなのか、ヘルシオ グリエの企画担当者に取材した。

----------

■シャープ「ヘルシオ グリエ」の気になるポイント
・トースターに見えるが、トースターではない?
・レトロなフォルムとビビッドなカラー。ターゲット層は?
・なぜパンはふっくら、おかずはサックリジューシーに加熱できるのか
・余分な油を落としてヘルシーに加熱
・「ヘルシオ」シリーズの課題とは?

----------

■オーブンレンジは「電子レンジ」機能以外使われていない?

シャープ 健康・環境システム事業本部 スモールアプライアンス事業部 商品企画部の田村友樹氏は、ヘルシオ グリエ発売の最終決定を役員に仰ぐため、2015年12月に用意したプレゼン資料を見せてくれた。

同じ年の6月にバルミューダが「バルミューダ ザ・トースター」を発売したことから「後追い」などと勘違いされることもあったとのことだが、「トースターを作ろうと思ったわけでは全然ありません」と田村氏は語る。

「ヘルシオ」はシャープのウォーターオーブンのブランドで、ヘルシオシリーズ初の商品が、2004年9月に発売した「ウォーターオーブン ヘルシオ AX-HC1」である。一般消費者向けとして初めて「過熱水蒸気調理」が家電製品に採用された。

過熱水蒸気とは、通常は約100度までしか温度が上がらない水蒸気をさらに加熱し、200度や250度といった高温にすることで「水で焼く」ことを実現したもの。過熱水蒸気が食材の中まで入り込むことで、食材をみずみずしく保ちつつ、食材の中にある余計な塩分や油分を流すことから、同社は「健康調理」を打ち出し始めて現在に至る。「ヘルシオ=健康調理」というイメージは多くの人に浸透しているのではないだろうか。

しかし一方で、大きな悩みがあった。

「ウォーターオーブン ヘルシオを12年以上やっていますが、過熱水蒸気とはそもそも何なのか理解していただけない。もっと言えば、ウォーターオーブンを買っていただいている方でも、電子レンジの温め機能しか使っていない人が多い、というのが、我々が調査している中で分かってきたのです」(田村氏)

■「過熱水蒸気調理」を、“21世紀の調理方法”として広めたい

水で焼く「健康調理」を打ち出したヘルシオなのに、多くの人は電子レンジのいわゆる“チン”、もしくは解凍機能しか使っていない……企画担当者としては耐えられないことだが、厳然たる事実だった。その事実にきちんと向き合うことで浮かび上がったのが、ヘルシオ グリエの企画だという。

「『水で焼く』という原点に戻って体験・体感できるものを作らない限り、本当の意味でウォーターオーブンが日常化しないのではないか。自虐的な話ですが、そこにこの商品の原点があります。マイクロウェーブ(電子レンジ)も、ヒーターも使わない。カテゴリーとしては『過熱水蒸気のみで加熱する、ウォーターオーブン専用機』です」(田村氏)

思い当たる節がある人も多いのではないだろうか。最近の多機能オーブンレンジは電子レンジのあたためや解凍の他に、オーブン調理や蒸し調理、過熱水蒸気調理など多彩な調理機能を搭載しているが、それらの機能を活用するためにはレシピブックを見ないと調理できないことも多い。最初はいろいろとレシピを活用して料理を作るが、いつしか面倒になってフライパンや鍋での調理に戻ってしまう……。

「電子レンジは『マグネトロン』というものを用いて、電磁波で温める加熱方式です。これもシャープが日本で初めて商品化しましたが、今は皆さんも慣れて日常化しています。ウォーターオーブンも『21世紀の新しい健康的な加熱方式』として打ち出しましたが、12年やっていても日常化されていません。毎日使ってもらえるようにすることによって、新しい加熱方式になじんでいただこう、それがこの商品のコンセプトなんです」(田村氏)

■水で焼く技術「過熱水蒸気調理」の原点に戻る商品

 「水で焼く。21世紀調理器、誕生。」をキャッチフレーズに発売した初代ヘルシオは、電子レンジ機能すら搭載しない「ウォーターオーブン専用機」だった。しかしオーブンレンジスタイルで電子レンジ機能を搭載していないものは販売戦略的に売りにくく、翌年の第2世代モデルから電子レンジ機能を搭載した「オーブンレンジ」になっていった。その後、パナソニックや日立などの競合メーカーも過熱水蒸気調理機能を取り入れていったことで、ヘルシオシリーズのアイデンティティーは埋没していった。

シャープは2016年11月からコーポレート宣言として「Be Original.」を採用しているが、ヘルシオ グリエはまさにヘルシオシリーズの「原点(オリジナル)」を見直し、そこに特化した製品というわけだ。

■お総菜などを家で食べる「中食」がターゲット

12年以上前に世に送り出した過熱水蒸気調理を21世紀の「当たり前の調理方法」として普及させるために企画したというヘルシオ グリエ。そのターゲットとなる使い道は「中食」だった。

中食とは、レストランなどで食べる「外食」、食材を購入して自宅で調理する「内食」に対し、デパートやスーパーなどのお店で購入したお総菜などを家で食べるスタイルのことを指す。ここに目を付けた背景にはパン食とお総菜市場の拡大、さらには冷凍食品活用の拡大がある。

「総務省の調べによると、お米の消費が年々減っており、消費がパンに移っています。また、中食の代表格であるお総菜も、デパ地下の総菜売り場が非常に活気を呈しているというのもあり、売り上げがどんどん増えています。さらにもう1つの社会的背景が冷凍食品です。コンビニやスーパーで冷凍食品の売り上げが伸びているだけでなく、昨今では農水省が食材を捨てないようにするために『ホームフリージング』を推奨しています。そこで中食の総菜やパン、冷凍食品を家で食べるときに『本当においしく食べられているのか?』という問題提起をしました」(田村氏)

■訴求ポイントは「おいしい」「簡単」「ヘルシー」

訴求するポイントはシンプルに3つ。調理家電の最大のポイントである「おいしい」こと、使い方が「簡単」であること、そして「脱油・脱塩効果」による「ヘルシーさ」だった。

筆者はヘルシオ グリエで調理(加熱)した冷凍唐揚げやクロワッサン、おそうざいのエビ天、ウナギの白焼きなどを試食している。さすがに作りたてを上回っておいしくなることはないが、どれも外はサクッとしつつも、中はしっとりと温められて、作りたての状態に迫るおいしさだ。電子レンジで温めた時のフニャフニャした食感とは一線を画している。

「クロワッサンをヘルシオ グリエで温めると本当においしいです。特に自信があります。惣菜パンなども買ったその日はおいしいのですが、水分が蒸発するとおいしくなくなってしまいます。でもヘルシオは水分を加えながら焼くので、中がしっとりとするんです。エビ天も電子レンジではどうしてもベトッとなってしまいますが、これなら揚げたてに戻ります。冷凍唐揚げの場合、電子レンジでもなかなかうまくいきませんし、トースターでは中に火が通らないことが多くあります。便利な食品はたくさん出ているのですが、それをできたてには戻せません。それを過熱水蒸気でよみがえらせるというのが、この商品の最大のポイントです」(田村氏)

操作も簡単だ。火加減は「弱」「中」「強」の3通りで、タイマーは30秒から15分まで選べるようになっている。本体上部に水タンクがあるので、取り出して水を入れてセットする。あとは「温度切替」ボタンで火加減を選び、ダイヤルを回して調理時間を選択すればいい。使い勝手としては、単機能の電子レンジやトースターに近い。「ウォーターオーブン(通常のヘルシオシリーズ)は大きくて何でもできますが、操作も複雑と言えば複雑です。でもこれは火加減と時間だけなので、どなたにもサッと使っていただけます」(田村氏)

調理時間が短いのもうれしい。通常のヘルシオシリーズは庫内容量が大きいので、予熱だけでも時間がかかってしまう。トーストを焼く前に10分から15分もかかってしまっては、トースターとしては役に立たないだろう。しかしヘルシオ グリエはコンパクトなので予熱の必要がなく、従来型のトースターと同程度、パンを焼くなら3〜4分で調理ができる。

火加減は「弱」が180度、「中」が200度、「強」が250度の設定になっているが、本体にはその表示はない。感覚的に慣れていけば問題ないが、他のオーブンなどで慣れた感覚をそのまま持ち込めないのは残念なところだ。内部にはヒーターが設置されているが、これは庫内の温度を一定に保つために用いるもので、補助的な位置付けとなっている。

3つめのポイントが「ヘルシーさ」だ。おいしくて簡単なだけでなく、塩分や油分がほどよく抜けるので健康的にも良いというもの。90度のサウナに10分から15分滞在してもやけどをしないように、空気はものに熱を伝える力が弱い。それに対し、90度の熱湯に手を入れればたちまちやけどをしてしまうように、水は熱を伝える力がはるかに大きい。過熱水蒸気はその力を用いて食材の中まで入り込み、食材に熱を伝えると水に変わる。

「そのときに食材の表面だけでなく、中からも油を出していくのです。空いた部分に水分が入るので、カサカサにはなりません。余計な油だけ落としてジューシーになるというのが、過熱水蒸気調理の大きな特徴です。役員向けの企画会議では、このようになりますと試作機を使って提案しました」(田村氏)

■デザインのポイントは「水タンク」

ヘルシオ グリエは全体的に丸みを帯びたデザインで、鮮やかなレッドのカラーリングも印象的だ。「デザインは企画会議の前段でやっており、この企画書は役員を入れた最終決定のため、すでにデザインは何度も何度も練り直しています。生産するためには金型を起こさないといけないので、そのゴーサインをもらったのがこの企画書を出した2015年12月でした」(田村氏)

デザインで気を付けたポイントは、「水で焼く」というコンセプトの分かりやすさ。「水タンクですね。ウォーターオーブンはパッと見で他社商品と雰囲気に大きな違いはありません。それを乗り越えるため、水を使うということをしっかりと習慣づけるため、タンクにはこだわりました。それから窓です。暖炉のようなクラシックなイメージで、お客さまになじみやすいような形状にしています。ロゴもヘルシオの原点に戻り、『Healsio』の『I』の形を水を強調する形にしました。元々は(健康志向が高い商品なので)年配の方に購入されていましたが、若い層にもウォーターオーブンを広げたいということで、赤は赤でも少しライトな方向にしました。この企画書の段階でそのあたりも決めてありました」(田村氏)

発売前には、東京と大阪で社内外の人を招いたヒアリング調査も行った。食生活の傾向や、実際に試作機で調理した食品を試食した感想、実際にどのくらいの価格なら購入するかの意向などを調査した。

「大阪の方が値段に厳しく、東京の方がバランス良く購入意向がありました。でも発売してからは順調で、首都圏だけでなく大阪や、もちろん地方でもまんべんなく売れています。年齢層も幅広く、独身や単身赴任の方も多いです。私の母も買いましたが、シニア2人暮らしなどでは家で揚げ物をやらないんですよ。でも肉などは結構食べますよね。中食で済ませてしまうことが多いというので、完全にはまっています。ヘルシオのコアユーザー層は40代から50代でしたが、60代以上まで上の層にも広がった感があります」(田村氏)

■冷凍、冷蔵、常温の食材が混在していても“適当に”調理できる

発売から順調な滑り出しとなったヘルシオ グリエだが、製品企画の目的は2004年の初号機発売時に「21世紀調理」と名付けた水蒸気調理を一般的な調理方法として普及させることだ。そういう意味では、まだまだ道のりは険しいのかもしれない。

シャープは2013年に「高機能だけどコンパクトなモデルが欲しい」という“アクティブシニア向け”モデルの「ヘルシオ AX-SA1」を発売している。このコンセプトは今でも続いているが、倉庫内容量30Lの最上位モデルに比べて26Lと、ほとんど違いはない。単機能電子レンジに近いサイズの18Lモデルは、商品ラインナップの中ではシングル層や夫婦2人向けのエントリーモデルという位置付けに変化はない。容量が大きくなるほど熱効率が悪くなるため、昨今増えている少人数世帯の「時短調理」というニーズを満たすのは難しくなってしまう。そこをどう解決し、ラインアップをそろえていくのかは今後の大きな課題だろう。

ただ、シャープは2015年発売の「AX-XP200」で冷凍、冷蔵、常温の食材が混在していても自動調理できる「まかせて調理」機能を初搭載し、「レシピを見なくても適当に調理できる」という新基軸を生み出した。冷凍、冷蔵、常温の食材が混在していても、均一に熱を通せるというのが過熱水蒸気調理の大きな特徴で、それはヘルシオ グリエにも踏襲されている。

「オーブンレンジの高級モデルはメーカーエゴでいろいろな機能を付けていますが、自動といいながらクックブックの指示に従わないとできません。そこでAX-XP200はハードルを下げにいきました。初めはいろいろな機能を使ってみるけど、結局電子レンジとしてしか使っていないという事実を公表したくはなかったのですが、3年前にそれを言うことを決めて、適当に食材を並べてもボタン1つで鍋やフライパンの感覚で使える機能を搭載しました。この機能のおかげでお客さんの層や、使われる人が広がってきましたが、まだまだ十分ではありません。今使われている実態と、業界が今まで作ってきたラインアップが合っていない気はするので、これから変えていかなければいけないと思っています」

■過熱水蒸気は「鈍感」

田村氏は、電子レンジなどとは違う過熱水蒸気調理の魅力についてこう語る。

「過熱水蒸気は結構“鈍感”なんですよ。電子レンジは少しの時間の違いで失敗してしまいます。だからこそ食材の量などを指定しなければならないのですが、過熱水蒸気は“適当”でも失敗しにくい、寛容な加熱方式なんです。蒸し器で長時間食べ物を蒸しっぱなしにしても、あまり失敗しないですよね。あれと同じです。ヘルシオグリエを実際に使っていただくと、パンも焦げないし、適当に使っても案外失敗しないというのが分かると思います。これは新しい加熱方式で過熱水蒸気調理に慣れていただくための機械です。ぜひ皆さんに慣れて使いこなしていただきたいですね」(田村氏)

----------

■次のページでは、シャープ「ヘルシオ グリエ」の企画書を掲載します。

----------

■シャープ「ヘルシオ グリエ」の企画書

(文=安蔵 靖志)