画像

写真拡大 (全2枚)

 スマートニュースとトランスコスモスは、ニュース閲覧アプリ「SmartNews」内の新たな広告商品として、チャット広告商品を開発した。3月上旬からANAが、試験運用を行う予定。

 スマートニュースとトランスコスモスは、チャット広告商品を共同開発した。同広告は、ユーザーが広告をクリックすると専用オペレータとのチャット画面につながり、興味を持った商品・サービスについてより理解を深められる、トランスコスモスのコミュニケーション型広告「DEC Ads」と連携したもの。

  今回スマートニュースでは、トランスコスモスが持つコールセンター運用実績をベースに、無人Botを活用したチャット対応を実現する。3月上旬からA、NAが試験運用を行う予定だ。

 チャットを使った広告商品は、商品・サービスに関する詳しい説明をすることで広告の情報を補完するほか、ユーザーからの疑問や問い合わせにその場で回答することでユーザーとのエンゲージメントを深める効果が期待できる。

 保険や投資信託などの金融商品をはじめ、サポートが必要なITサービスや家電製品、また宅配サービスなどでの活用が予想される。

MarkeZine編集部[著]