この日、ニッパツ三ツ沢球技場を訪れたメディアの(松本の地元メディアを除けば)99%は、50歳Jリーガーのバースデーゲームが取材目的だったに違いない。

 横浜FCと松本山雅FCが対戦した、J2開幕戦が行なわれたのは2月26日。奇しくもFW三浦知良の誕生日と重なっていたとあって、この試合はJリーグ25年目の幕開けという以上の注目を集めることになった。

 チケットは前売り段階で完売。1万3000人を超える観衆が集まったのだが、それ以上にメディアの数がスゴかった。試合後の取材エリアは文字どおり人であふれかえり、カズの取材だけは通常の段取りとは別に、ピッチ脇で特別に行なわれたほどだ。

 ちなみに試合は、1-0で横浜FCが勝利した。カズは得点こそなかったが、先発でピッチに立ち、65分までプレー。この日の三ツ沢は試合の結果や内容とはほぼ無関係に、異様な盛り上がりを見せていた。

 とはいえ、いわば当事者である横浜FCはともかく、対戦相手の松本にとっては、新シーズンの大事な初戦。カズに敬意を払いこそすれ、お祭りムードに浸る余裕はなかったに違いない。


開幕戦では苦杯を舐めた松本山雅 昨季、わずかの差で届かなかったJ1再昇格に挑むシーズンの開幕戦を落としたとあって、饒舌(じょうぜつ)な指揮官の言葉も自然と厳しいものになった。反町康治監督が語る。

「開幕戦という晴れの舞台で自分たちの持っている力を出せたかと言えば、残念ながら出せていなかった」

 試合の入り方という点では、松本は決して悪くなかった。

 MF工藤浩平やMFセルジーニョが、相手DFラインとMFとの間でうまくボールを受け、サイドを駆け上がってきたDF田中隼磨やDF橋内優也へパスを出す。ボールは前へ前へと進めながら、中で相手を食いつかせて外へ展開するという、そんな攻撃の形が作れていた。

 だが、16分、守備の人数がそろっていながら、ミドルシュート一発で先制点を許すと、試合は横浜FCペースへと変わってしまった。

 その後は、シンプルに前線へボールを送り、FWイバの巨体を生かしたボールキープからチャンスを作る横浜FCに対し、松本はなかなか前線でボールが収まらず、敵陣に攻め入ることができなかった。

 指揮官はせっかくサイドから攻めながら、単調でゴールにつながらないクロスを「意図のない攻撃」と表現し、「相手(の守備陣形)がそろったなかで、どう崩すかをやってきたわりに、それが出せなかった」と悔しがる。

 松本には同情すべき点もあった。この日の主審のジャッジがあまりにチグハグで、松本の選手にしてみれば集中力を削がれる試合になったのは間違いない。

「いろいろな意味でゲームが分断され、攻守にわたってリズムがよくなかった。向こうのリズムで進み、ストレスがたまる試合だった。うちだけたくさんのイエローカード(松本4枚、横浜FC0枚)が出たことは正解なのか……」

 反町監督がそう話していたように、ひっきりなしに吹かれたファールの笛はともかく、イエローカードを出す基準については、かなり疑問を感じた。

 それでも、「そうは言っても、我々の試合ではなかった」というのが、反町監督の正直な気持ちだろう。

 やはり松本の魅力は、いい意味での武骨さや野暮ったさ。洗練されたサッカーで華麗に相手を崩すというよりも、ひたむきにハードワークすることで相手をジワジワと追いつめていく。それが武器であり、強さの源であるはずだが、この試合の松本にはどこかハツラツさが欠けていた。

「我々らしさを3分の1くらいしか出せないのでは勝てない」

 反町監督はそう語り、工藤もまた「個人的にも、チームとしても、不完全燃焼だった。相手に走り勝つ。ひたむきさで勝つ。相手に負けないように最後までやる、というところに立ち返りたい」と敗戦を振り返る。

 しかしその一方で、指揮官の言葉を借りれば、「そんなに悲観することはない」のも事実だ。

 松本にしてみれば、歯車がかみ合わない試合になったのは確かだが、勝負を分けたのは、前半の早い時間にゴールが決まったかどうかのわずかな差。そこからちょっとしたリズムの狂いが生じたにすぎず、「守備の緩慢さは直していかなければいけない」(反町監督)としても、松本が内容的に大きく劣っていたわけではない。

 工藤は「何と言ったらいいか……、(敗因を挙げるのは)難しい」と、戸惑ったような表情を浮かべて語る。

「攻撃のスイッチの入れ方や、守備の(プレスの)はめ方などは、キャンプでやってきたことがまだまだ発展途上ではある。だけど、(この試合は)攻撃のスイッチを入れられなかったとも言えるけれど、こういう試合で、セットプレーで(得点して)勝っていれば、うちらしいとも言えるから」

 工藤の言葉は、決して強がりではないだろう。結果的に敗れはしたが、まだ長いシーズンの1試合が終わったばかり。昨季のショックを引きずり、過度な危機感で自らを追いつめてしまうほうが、松本にとってはむしろ怖い。

 その意味で言えば、冷静に結果と内容を受け止めている選手の姿勢は心強い。キャプテンのDF飯田真輝も、「自分たちがやろうとしているサッカーを突き詰めていくこと。それが今日の反省点」ときっぱり言い切るだけで、悲観する様子はまったく見せなかった。

 昨季はシーズン終盤までJ1自動昇格圏内となる2位につけながら、最後の最後で清水エスパルスが繰り出した強烈な”末脚”に差されて、3位に終わった松本。結局、J1昇格プレーオフでもファジアーノ岡山に敗れて、J1昇格は果たせなかった。

 だが、1年でのJ1復帰が簡単なタスクではないことは数々の歴史が証明するなか、昨季の松本の健闘は高く評価されていいはずだ。清水の驚異的な追い上げに屈しはしたが、松本が失速したわけではない。事実、松本がシーズンを通してコンスタントに積み上げた勝ち点84は、一昨季の自動昇格水準(2位ジュビロ磐田の勝ち点82)をも上回る。

 確かに、開幕戦で敗れはした。祝福ムードのなか、カズに花を持たせる結果となったが、内容はそれほど悪くなかった。満員札止めのスタンドも、よくよく見渡せば半分以上は緑のサポーター。今季も強力な後押しを受けられそうだ。反町監督は語る。

「ここから這い上がっていくのが山雅。持っているものを出し惜しみなくやらなければいけない。次に向けていい準備をしたい」

 松本は今季もまた、有力なJ1昇格候補のひとつである。

■Jリーグ 記事一覧>>