NYファッションの最新トレンド、各ブランドが「反トランプ」を発信

写真拡大

米ニューヨークで先ごろ開催されたニューヨーク・ファッション・ウィークは、ここ数年の同イベントとは異なる空気に包まれていた。これまでに比べてずっと落ち着いた、より知性に訴えかける雰囲気が感じられた。

ファッション業界は恐らく、ブロガーやインフルエンサーたち、ファッションセレブたちの台頭に対抗する方法を見つけたのだろう。あるいは少なくとも、真に影響力を持つのは誰なのかを理解し、招待客のリストを本当に招くべき本質主義者たちに絞り込んだのだろう。

ファッションはまさに、体を覆うという基本的な目的以上の役割を果たす。そして、その時々の社会的風土を反映する。現在の社会の雰囲気を表現することを決意したとみられるデザイナーたちの多くは今回、政治や性別、人種などの問題に関する意見を明確に伝えようとするコレクションを発表した。

時代精神を表すメッセージ

発表された最新作は、主にドナルド・トランプの米大統領への就任と、「最高司令官」として実施してきた政策に対する考え方を表現するものだった。人工妊娠中絶への反対から移民制限、閣僚人事に見られる多様性の欠如まで、トランプが掲げる政策に対しては、多くの団体や組織が激しい抗議の声を上げている。

その一つが、非営利団体(NPO)「プランド・ペアレントフッド(家族計画連盟、PPH)を支援する米ファッション協議会(CFDA)だ。CFDAは、「ファッションはPPHをサポートする」と書いたピンクのバッジを作成して配布。Tome(トム)の新作を紹介したモデルたちは、このバッジを着けてランウェイを歩いた。

また、Tシャツで明確な意思を伝えたデザイナーたちもいた。例えば、alice + olivia(アリス アンド オリビア)は、「この世界に起きてほしいと望む変化に、自分自身がなりなさい」と、プラバル・グルンは「私たちを沈黙させることはできない」と訴えた。

最も目立ったのは、赤いキャップだった。Public School(パブリック・スクール)のデザイナー、ダオイー・チョウとマックスウェル・オズボーンは、選挙戦中のトランプのスローガン、「米国を再び偉大な国にする」を借用。キャップに、「米国をニューヨークにする」と書いた。


Public School コレクション (photo by Astrid Stawiarz / gettyimages)

一方、文字ほどはっきりと目に見えるものではない形で同様のメッセージを伝えようとしたのは、ライアン・ロッシュやジェイソン・ウー、ガブリエラ・ハースト、その他のデザイナーたちだ。

民主党の大統領候補だったヒラリー・クリントンが不評を買った選挙戦中のユニフォームであり、支持者たちがフェイスブック上で組織したグループ、「パンツスーツ・ネーション」の基になったパンツスーツをイメージしたと思われる新作を発表した。

実際にそれをイメージしたかどうかは解釈の仕方次第だが、ファッション業界はクリントン支持が多数を占めていた。それを考えれば、クリントンがこのトレンドのきっかっけになった可能性があると見ることはできる。

多様性をファッションの「標準」に

そして、最も感動的だったのは、人種や宗教、体格の異なるモデルたちがキャットウォークを美しく飾ったことだった。多様性は常に、ファッション業界に掲げられてきた問題だ。「私たち全員が人間だ」というメッセージを促進する努力において、このイベントは事実上のるつぼだった。


photo by Catwalking / gettyimages

特にマラ・ホフマンのプレゼンテーションは素晴らしかった。強く、固い決意を持った女性たちを起用したことが、オーガニックの素材で作られたホフマンの秀逸なコレクションを一層見事なものにした。

ファッションにおいて、トレンドは生まれては消えていくものだ。だが、ニューヨークのデザイナーたちが今後も、多様性をファッションの標準に変えていくための努力を最前線で続けていってくれることを願いたい。