中国には自動車を購入するにあたって、「日系車は買わない」と決めている人がいるようだが、果たしてその考えは聡明と言えるのだろうか。中国メディアの今日頭条は27日、日系車を頑なに拒否する中国人に対して「その決意は聡明なのか」と疑問を投げかけた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国には自動車を購入するにあたって、「日系車は買わない」と決めている人がいるようだが、果たしてその考えは聡明と言えるのだろうか。中国メディアの今日頭条は27日、日系車を頑なに拒否する中国人に対して「その決意は聡明なのか」と疑問を投げかけた。

 記事は、中国には「日系車を自動車選びの選択肢から外している」人がいることを紹介する一方、日系車は嫌だと言っておきながら、そのほかに「燃費性能が良く、故障が少なく、耐久性が高いこと」を車選びの条件に挙げる人は多いと紹介。だが、こうした条件は日系車を除くと数が相当限られると指摘した。

 続けて、日本の自動車メーカーの技術力は世界をリードしていると指摘し、日系車は総体的に非常に良い車であると称賛。燃費性能や品質などは自家用車として申し分ないとし、だからこそ愛国者たちがいくら「日系車を排斥せよ」と叫んでも、日系車は好調な販売を維持できるのだと論じた。

 さらに記事は、自分のお金で自分の車を買う以上、他人がとやかく言うことではないと指摘しつつも、性能を考慮すれば、車選びの際に「日系車を選択肢から外すのは聡明ではない」と主張。自動車メーカーの「国籍」で選ぶのではなく、より理性的な考えのもとで自動車を選ぶべきではないかと提言した。

 記事も指摘していることだが、中国では日系車の不買を叫ぶ人がいる一方で、日系車が広い支持を得ているのも事実だ。中国人消費者が今後さらに成熟し、理性的な消費ができるようになれば、日本企業にとって中国市場の魅力はさらに増すことになるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)