人気キャラ・空条承太郎の実写ビジュアル披露 (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険
ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

写真拡大

 荒木飛呂彦氏の人気漫画を山崎賢人の主演、三池崇史監督のメガホンで実写映画化する「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」で、伊勢谷友介演じる空条承太郎のビジュアルが初披露された。毛髪と帽子が一体化した特徴的な頭部など、細部の再現に挑んでいる。

 シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」は、ジョースター一族とディオ・ブランドーらの世代・時空を超えた戦いを描く。映画は第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化しており、高校生の東方仗助(山崎)が杜王町の平穏を脅かす猟奇殺人犯の存在にたどり着き、精神エネルギーを具現化した“スタンド”を駆使し死闘を繰り広げる。

 伊勢谷扮する承太郎は、第3部「スターダストクルセイダース」の主人公であり、第4部ではおじにあたる仗助を導く偉大な存在として登場する。超精密かつ超高速の攻撃性能に加え、数秒間時を止めることができる最強のスタンド“スタープラチナ”の能力者で、第6部「ストーンオーシャン」でも活躍するシリーズ屈指の人気キャラクターだ。

 出演決定以前から原作の大ファンだという伊勢谷は、「空条承太郎には、中学のころから恐ろしいほどあこがれていた」と語る。そんなキャラを演じるにあたり、「承太郎と伊勢谷友介は全く別人格なので、そのギャップを埋めるのが難しかった」と苦労した様子だが、「三池監督のアイディアが随所に溢れてくる撮影は凄く刺激的で、楽しませて頂いた」と振り返り、「(ロケを敢行した)スペインでは、日本では味わえない爽やかな気分で撮影が出来た。この街の中であるからこそ、ジョジョの衣装が馴染み、違和感がないと思うので期待している」とアピールしている。

 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は、ほか神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、山田孝之、観月ありさ、國村隼が共演。8月4日全国公開。