北朝鮮の労働新聞は28日、署名入りの論説を通して米国と日本が朝鮮半島の分断状況を作り出したと非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は「米国の干渉策動がなかったなら、わが民族はすでに団結した力で統一された富強祖国を打ち建てたであろう。米軍の南朝鮮占領にピリオドを打つのは、朝鮮の統一問題を解決するうえで優先的に解決すべき切迫した問題である」と指摘。

また、「日本は、米国と共にわが国を分裂させた張本人である」としながら「朝鮮半島に対する再侵略野望を捨て、わが民族に働いた過去の罪悪に対して反省して謝罪し、これ以上朝鮮の統一を妨げてはいけない」と日本も非難した。

そのうえで、「周辺諸国がわが民族の統一志向と努力に役立つ有益なことをすべきである」「朝鮮半島と地域の真の平和を願う国であるなら、当然、共和国の努力に役立つことをすべきである」と強調した。