【詳細】他の写真はこちら

スタートメニューは適度な大きさが良いんです



各種アプリの起動や設定画面の呼び出し、シャットダウンなど、なにかと使う事が多いWindowsのスタートメニュー。しかし、解像度の低いディスプレイでは画面の大部分を覆ってしまい、邪魔になることもあります。また逆に、アプリを探したいのに縦の表示数が少なく、何度もスクロールを繰り返さなくてはいけない……なんてことも。こういった不満をなくすためにも、スタートメニューを自分好みのサイズに変更しておきましょう。

サイズの変更方法はウィンドウと同じで、上端へマウスカーソルを移動し、カーソルが上下の矢印に変わったところでドラッグ。そのまま上に動かせば長く、下に動かせば短く、といった具合で高さを変更できます。幅を変更したいときはスタート画面の右端へマウスカーソルを移動し、カーソルが変わったところで左右にドラッグしましょう。

なお、高さ場合は細かく調整出来ますが、幅はタイルのグループ単位となります。また、幅を狭くした場合、横2列に並んでいたものは縦1列へと自動的に移動されますし、その逆に、広くした場合は3列になります。



▲スタート画面を開いたらマウスを移動し、上端へ。するとカーソルの形が変化するので、ここで左ボタンをドラッグしながら動かします。



▲上へ移動すれば高くなり、下へ移動すれば低くなります。高くしておくとアプリの表示数が増えますから、一覧性が改善します。



▲幅を変更したいときは右端でドラッグし、左右に動かしましょう。狭くした場合、横2列で表示されていたタイルのグループは1列となります。

【連載企画】 Windows 10を便利に使う秘技

その名の通り、「Windows 10」を快適に使うためのコツをお届けしていく連載企画。あなたのかゆいところに手が届く“秘技”があるはず! 知ってると自慢できるかも!?

関連記事



Windows 10を便利に使う秘技・連載まとめページ