「やれやれだぜ……」って言ってくれーーー!!!! - 空条承太郎役の伊勢谷友介
 - (C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社.

写真拡大

 人気コミックの実写化映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、メインキャラクター・空条承太郎役の伊勢谷友介のビジュアルが初披露された。「空条承太郎には、中学のころから恐ろしいほど憧れていた」と語る伊勢谷が、承太郎の特徴的な筋肉や髪型の再現に挑んだ一枚となっている。

 伊勢谷が演じる承太郎は、今回実写化される第4部こと「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」のほか、「ジョジョ」の代名詞である特別能力“スタンド”が初登場する第3部「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」のメインも飾っている原作屈指の人気キャラクター。今回の第4部を基にした映画では、山崎賢人ふんする主人公の東方仗助の血縁上の「甥」として、彼の前に現われる。

 自身もずっと「ジョジョ」ファンだったと話す伊勢谷は、今回の役づくりについて「承太郎と伊勢谷友介は全く別人格なのでそのギャップを埋めるのが難しかった」と苦労を告白。だがスペインでの撮影を終えて、「スペインでは日本では味わえない爽やかな気分で撮影ができた。この街の中であるからこそ、ジョジョの衣装がなじみ、違和感がないと思うので期待している」とも自信をのぞかせている。

 またメガホンを取った三池崇史監督については、「三池監督のアイデアが随所にあふれてくる撮影は凄く刺激的で、楽しませていただいた」とコメント。三池組でのジョジョ撮影は、満足のいくものになったようだ。映画の公開は8月4日。(編集部・井本早紀)