平井堅、きれい事は無しのラブバラードに…『映画ドラえもん』主題歌に込めた想い

写真拡大

3月4日(土)より、国民的アニメ『ドラえもん』の37作目となる長編劇場版『映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険』が全国公開。同映画の主題歌「僕の心をつくってよ」(3月1日発売)を歌う、シンガーソングライター・平井堅さんにインタビュー。

今回の劇場版では、南極を舞台にしたドラえもんやのび太たちの冒険が描かれる。真夏の暑さに耐えきれず、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山にやってきたのび太たちは、ドラえもんの秘密道具「氷細工ごて」を使って遊園地を作っていたところ、氷の中から不思議なリングを見つける。詳しく調べると、そのリングが埋まっていた氷は、人が住んでいるはずもない10万年前の南極の氷だった。一行は、謎を解くため南極に向かうが、そこで氷に閉ざされた巨大な遺跡を発見する……。

この楽曲は、平井さんにとって初のアニメ主題歌で、通算41枚目のシングルとなる書きおろしソング。サウンドプロデュースには亀田誠治を迎え、ドラえもんの世界観にそっと寄り添う至極のバラードだ。4月には、東京・大阪にてSpecial Live『THE STILL LIFE』を控えている平井さんに、“ドラえもん”にまつわる思い出や作品の魅力、楽曲が出来るまでのお話など、たっぷり語っていただきました。

――映画の完成作品をご覧になられていかがでしたか?

小学生の頃に観た『のび太の恐竜』、『のび太の宇宙開拓史』以来となる劇場版でしたが、スペクタクルあり、仲間との信頼関係、胸を打つシーン……“ああ、この感じ”だなと、懐かしい気持ちになりました。主題歌「僕の心をつくってよ」は、自分自身は暗めの曲だと思っていたので「子どもさんたちが見ても大丈夫かな?」という不安がありましたが、エンドロールでピアノのイントロが流れた瞬間“ホロっとくる感じ”が作品とマッチしていたのでホッとしました。

――主題歌に抜擢された時、最初は「僕でいいの?」と驚かれたそうですね

はい。『ドラえもん』という存在が大きすぎて。『ドラえもん』が“燦燦と降り注ぐ太陽のイメージ”だとすると、僕の楽曲は、湿度の高い曲が多くて“日陰のイメージ”なので、そこには届かない感じがして……。ですから、最初は「朗らかな曲がいいのかな?」という気持ちもありましたが、一周まわって、良くも悪くも全然媚びずに、あえて作品に寄せずに作らせていただきました。こうして出来た主題歌は、相反する感情が共存している楽曲で、この曲自身を強めるためにも、そのあたりの“妥協をしなかったところ”と“妥協をしなくてよかったのかな?”という矛盾した感情が両方あるという感じです(笑)。

――楽曲制作はどのようなプランで?

映画に合えばいいな、というのは大前提ですが、曲を作る時にとにかく大切にしたのは、2人の関係性です。互いが互いの気持ちを作っていくということを書いていく時に、「この言葉の方が気にいられるかな、無難かな」というのは無しに、言葉として100%清らかではない言葉をいれたくて、“きれい事”は無しのラブバラードにしたいと思って作りました。

――楽曲を作る際、メロディーが先、歌詞が先というような決まりごとはありますか?

この曲は、歌詞も曲もほぼ同時に作った感じです。昔は、メロディー先行で歌詞はラララ〜で作ることが多かったけど、最近はメロディーを作る時に言葉が自然と乗って来る感じが多いです。そうじゃないといけない、ということはありませんが、最近の傾向としては言葉が乗っている方が作りやすいですね。

――歌声とピアノというシンプルさで、一層歌の世界に引き込まれます

アレンジについては、昨年6月にリリースしたシングル「魔法って言っていいかな?」というバラードも、ギターとコーラスだけで音数がすごく少なかったのですが、今はそういうモードなのかな? サビの前で、音数を詰め込んで盛り上げるバラードではなく、音数がまったく増えずに編成としては変わらないけれど、歌そのものがエモーショナルになっていくアレンジメントを心がけて、思いっきりミニマムでやりました。