【今さら聞けない】スーパーカーブームって何?

写真拡大 (全11枚)

名作「サーキットの狼」が火を付けて子どもたちが熱狂

今でもスーパーカーという言葉はあるし、ブガッティなどによる400km/h突破競争が話題になるなど、今でも続々と新型のスーパーカーは登場している。そして日本においてのスーパーカーの源流として、1970年代後半、つまり昭和50年代前半に起こったスーパーカーブームがあるのは確かだ。

そのきっかけとなったのはご存じ、池沢さとし氏(現池沢早人師氏)が描いた「サーキットの狼」だ。実際に夢中になって読んだ方も多いだろう。詳しいストーリーなどは今回は割愛するが、続々と登場してくるスーパーカーに狂喜乱舞。今のように情報も乏しい時代だけに、ロータス・ヨーロッパ、フェラーリ、ポルシェ、マセラッティ、パンテーラなどなど、このマンガで初めて知ったクルマたちも多かったハズだ。

さらにロータス・ヨーロッパはスタビにダメージを追いやすいとか、最高速では負けるけど、ミッドシップだけにコーナーは速いなど、ウンチク的な要素も当時の子どもたちの心を捉えた。カウンタックや512BBの最高速など、知識を披露したりして学校で大いに語り合ったものである。

このブームが凄いのはマンガだけに止まらなかったということ。スーパーカーに関するものならなんでも飛びついたし、大人たちもそこに合わせて続々とアイテムを投入してきたことから、ますます過熱した。

スーパーカーカードや消しゴム。テレビではスーパーカークイズが人気だったし、エンジン音を収録したレコードまであったほどだ。

もちろん実車へも関心は行く。今のようにインポーターなんていうものはない時代で、輸入の総代理店や並行輸入店が少数を仕入れて販売していたが、ここにも子どもたちが押し寄せた。大げさでなく、危険な状態だった。

路上でスーパーカーを見かければ追っかけるなど、リアルワールドでも大フィーバー。手にはこれまた当時出たばかりの自動カメラ「ピッカリコニカ」などを手にして、写真を撮りまくったものである。

さらにここに目を付けて、各地でスーパーカーショーが開催され、当然のことながらここにもカメラを手にした子どもたちが押し寄せた。

スーパーカーブームの凄いのはここで終わらなかったことだ。ブームになったからといって、本当のスーパーカーが早々増えるわけもなし。でもスーパーカーに対する欲求がどんどんと高まってくる。まさに欲求不満マックスだ。

輸入車ならなんでもスーパーカー扱いに

そこでどうなったかというと、輸入車ならなんでもいい状態へとなっていった。筆者もじつはスーパーカー世代ど真ん中なのだが、近所のおばさんがもっていたシトロエンに乗せてもらって、オレはスーパーカーに乗ったぞ!

父親の知り合いがちょっとダークなお金(苦笑)で買ったリンカーン・マークVのヘッドライトカバーを開け閉めを見せてもらって、リトラクタブルヘッドライトだ! と飛び上がったものである。今になって思えば、リンカーンのはただのカバーなのだが。

結局「サーキットの狼」自体が終わってしまったし、新しいネタもなくなったことでブームは1980年になる前あたりに終わってしまったのだが、クルマ好き、そしてカメラ好きを大量に誕生させたのは大きな功績だろう。

実際に現在、クルマが好きという一番若い世代はスーパーカー世代(50歳前後)だったりもする。またスーパーカーでカメラを覚えて、そのままプロになった自動車専門カメラマンなんていっぱいいる。

ちなみにカメラマンになったきっかけは、スーパーカーブームのあとに来たブルートレインブームと天体観測ブームに由来するプロも多かったりする。

今でも社会的に大きなアイコンとしてその功績が残っているのが、スーパーカー世代。自動車メーカーの開発陣にもスーパーカー世代であり、その影響を公言するひとはたくさんいるし、50歳前後ということは現場を引っ張っている世代でもある。

スーパーカーブームがなかったら、今のクルマ作りにも影響があったといっても大げさではない。もう二度とあんな狂ったことにはならないだろうが、その後のクルマ作りを変えたし、自動車史においても記憶に留めておくべきブームだろう。