DFBポカール準決勝のロッテvsドルトムントが悪天候の影響で延期! 香川は先発に名を連ねるも…

写真拡大

▽ドイツサッカー協会(DFB)は2月28日、同日に開催を予定していたDFBポカール準決勝のシュポルトフロインデ・ロッテvsドルトムントの試合を延期することを発表した。

▽今回の一戦はロッテの本拠地コネクトMアレーナで開催予定だったが、当日の降雪とその影響によるピッチコンディションの悪化から主審のフェリックス・ブリッヒ氏と両チームの代表者が話し合いを行い、延期が決定した。

▽延期に至った経緯について主審のブリッヒ氏は「試合の開始1時間前に強い勢いで降雪し、ピッチは浸水していて選手の安全面が保障できなかった。私は両チームの決定を支持している」と語った。

▽DFBは代替試合の日程について公式声明を出していないが、ドルトムントの公式サイトによると、3月14日に行うことで調整しているようだ。

▽なお、同試合ではドルトムントのMF香川真司が先発メンバーに名を連ねていたが、今回の延期によって恰好のアピール機会を失うことになった。