FCソウル戦で移籍後初ゴールを決めた駒井。守備対応も問題なかった。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[ACLグループステージ2節]浦和5-2FCソウル/2月28日/埼玉
 
 FCソウルをホームに迎えたACL・2節で、浦和は大量5ゴールを奪い、韓国の雄を蹴散らした。この日、ボランチで先発出場した駒井善成も、タイミングの良い攻撃参加でゴールをゲット。加入2年目にして奪った移籍後初得点に加え、守備でも的確なポジショニングとカバーリングを披露し、勝点3の獲得に貢献した。

【ACL浦和対FCソウル PHOTO】前半に5得点を挙げ、FCソウルを破る!

 本人もこの出来には手応えを得たようで、試合後のミックスゾーンでは笑顔が見えた。
 
「相手の守備はマンツーマンだったのに(自分のマークは)ついてこなかったので、チャンスだなと思っていました。練習試合でもボランチからスルスルと上がって点は取っていたので、今日もそういうイメージでできたらいいなと。チュンくん(李忠成)が良いボールを落としてくれてよかったです」
 
 そう自身のゴールを振り返りつつ、守備についても「(リーグ戦の)マリノス戦では、リスク管理ができずにやられる場面があったので、攻めている時のポジショニングは注意していました。森脇くんとかを動かしながら、危ない時は僕が下がったりしました」とイメージ通りのプレーができたと振り返った。
 
 駒井はウイングバックとシャドー、そしてボランチと、ペトロヴィッチ監督によって複数のポジションで起用されている。その使われ方に関してもポジティブに受け止めており、「自分なりのボランチを確立していければいいと思います」と力強く語った。もちろん、得意のドリブルに関しても「真ん中でもドリブルはできるわけですから」と出し惜しみするつもりはないようだ。
 
 ACLとJ1リーグを並行して戦う浦和にとって、駒井のような複数のポジションをこなせる存在は心強い。攻撃でも守備でも力を発揮できるユーティリティの価値は、今後ますます高まっていくだろう。