写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優・松重豊主演のテレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ Season6』(4月7日スタート 毎週金曜24:12〜)の撮影が開始したことが1日、わかった。

同作は、個人で輸入雑貨商を営む井之頭五郎(松重豊)が、商用で訪れた街で出会ったグルメを紹介するドラマ。久住昌之作・谷口ジロー画の漫画『孤独のグルメ』を2012年にドラマ化し、2015年までにSeason5まで放送され、定期的にスペシャルドラマが放送されている。

2月18日に都内某所でクランクインし、地方出張も予定されているという。また、初の4月クール放送に、春の味覚を見せる予定だ。松重は、「あれから5年、ちょっと胃拡張になったようです」と自身の変化を語った。

原作者の久住昌之は5年という月日に驚きながらも「なんだか初心に返ったような気持ちで、Season6のテーマ音楽を録音しました」と明かす。また、2月11日に亡くなり、『孤独のグルメ』作画を担当していた故・谷口ジローさんについて触れ「あたりまえのことですが、谷口さんがこれほどまでに緻密に、繊細に、美しく描いてくれたからこそ、『孤独のグルメ』はこれほど長いこと、多くの人々に読んでもらえ、ドラマも愛されているのです」としみじみと説明した。

久住は改めて「原作者としては感謝の念しかありません」と語り、谷口さんについて「穏やかでやさしいけれど、決して妥協の無い仕事をし続けた人でした。『孤独のグルメ』の新作マンガがもう読めないと思うと、原作者本人としても、本当にさびしいです。ご冥福をお祈りします」と追悼の意を表した。

同局 川村庄子プロデューサーも「一同とても悲しく残念に思っています」と心情を吐露し、「谷口さんは久住昌之さんとともに、番組を力強く支えてくださいました」と振り返る。「谷口さんの果てしなく広がる画の世界観をドラマは映像の中に追い求めてまいりました」と改めて作品づくりについて語り、「これからも『孤独のグルメ』という宝物を大切に育ててゆきます」と決意を述べた。

(C)テレビ東京