記念ロゴもお披露目! (C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

写真拡大

 劇場版「名探偵コナン」第21弾「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の主題歌を、倉木麻衣が手がけていることがわかった。倉木が同シリーズ主題歌を務めるのは、テレビ版を含めて最多21回目。同一アニメの最多主題歌担当として、ギネス記録に申請することも発表された。

 今作のテーマは「百人一首」。「皐月会」が主催する皐月杯の会見中に爆破事件が起こり、服部平次とその幼なじみ・遠山和葉が取り残されてしまうが、間一髪のところでコナンに救われる。そんな騒動のなか、京都・嵐山の日本家屋で皐月杯の優勝者が殺される事件が発生する。

 楽曲のタイトルは「渡月橋 〜君 想ふ〜」で、和楽器を取り入れたサウンドが映画の情景に一層の華を添える。本楽曲に乗せた予告編も公開されており、大阪・京都で発生する2つの事件、百人一首に仕掛けられた複雑に絡み合う謎、迫力の爆発シーンや切ない恋愛模様などが映し出されている。

 倉木は、「劇場版『名探偵コナン』21作目の作品で主題歌を担当させていただくことになり、コナンくんとの21曲目のコラボレーションに心から感動しております」としみじみ。そして「以前映画でご一緒させていただいた時に、お客さんと一緒に劇場で見せていただき、主題歌が流れた時に嬉しさと感動で溢れる涙を止められなかったことを今でも思い出します」と振り返り、「シナリオをいただいた時から、“から紅”の奥深い色合いがふわーと浮かび、サウンド的に和の雰囲気を取り入れたいと思いました。映画の中の高校生の爽やかな恋模様、コナンくん作品ならではのドラマチックで美しいストーリーを彩る一曲になったら嬉しく思っています。私もいちファンとして、公開が今からとっても楽しみです」と明かしている。

 さらにコナンからのコメントも寄せられ、「コナンといえば倉木さん、倉木さんといえばコナンとボクは思ってるよ!」と大喜びの様子。諏訪道彦プロデューサーは、劇場版21作目は原点回帰と決めていたといい、「もうコナンは倉木さんのアーティスト人生のサイドカーに乗せてもらってると言っても良いですか? というわけで『渡月橋 〜君 想ふ〜』、また新たなレジェンドの誕生です」と述べている。

 「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」は、宮川大輔と吉岡里帆がゲスト声優として参加。4月15日から公開される。