ガンバ大阪の長谷川健太監督

写真拡大

 ガンバ大阪は3月1日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の第2戦の済州ユナイテッド(韓国)戦をホームで行う。2月28日には前日会見が行われ、長谷川健太監督とMF今野泰幸が出席。公式サイトによると、長谷川監督は「ホームでの第1戦なので、しっかりと勝利を収めれば非常に大きなアドバンテージになる。厳しい相手、日程ですが、みんなで力を合わせてホームで勝利を収められるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

 G大阪はここまで9日のACLプレーオフ、22日のACL初戦、そして26日のJ1開幕戦と、先発メンバーを固定して3戦を戦ってきた。「過密日程」を懸念する長谷川監督だが、「最終的には今日(28日)の状態を見て決めたいと思っていますが、大きな変更は考えていません」とターンオーバー制を採用せずにベストメンバーで臨むことを明言した。

 今野にも過密日程、疲労についての質問が飛んでいるが、「気持ちを切らしていないので戦える準備はできている。コンディションの方も全く問題ないと思っています」と言い切っている。

 試合は19時キックオフ予定。日テレNEWS24で生放送される。


●ACL2017特設ページ