ホームボタンが廃止され、画面縁のベゼルが非常に薄くなった「iPhone8」の新作コンセプト映像が公開されました。

ホームボタンがディスプレイに埋め込まれ、ベゼルが極薄の「iPhone8」

今秋の発売が予想される「iPhone8」は、ホームボタンが廃止され、画面を囲むベゼルが薄くなる、と噂されています。そんな噂を反映したコンセプト映像を公開したのは、YouTubeチャンネルのTech Driven Timesです。
 
iPhone8 コンセプト
 
映像にある「iPhone8」は、最近も米有力メディア、The Wall Street Journalが報じたように、OLEDディスプレイ内に指紋センサーを埋め込んだデザインとなっています。これにより、上下方向のベゼルを薄くすることに成功しています。
 
iPhone8 コンセプト

MacBook ProのTouch Barのような操作エリア

また、ディスプレイ下部は「アダプティブ・ファンクションバー」として、使用するアプリに応じた操作が可能なエリアとなっています。この特徴は、MacBook ProのTouch Barと同様です。
 
映像では、カメラのズーム倍率調整に活用しています。
 
iPhone8 コンセプト
 
「アダプティブ・ファンクションバー」部分は、よく使うアプリのアイコンを格納する現在のドックとしても機能します。
 
iPhone8 コンセプト
 
映像はこちらからご覧ください。Appleのロゴが左右逆なのは、ご愛嬌でしょうか。
 

 
 
Source:YouTube via iPhone Hacks
(hato)