iPadのアプリをコンパス代わりにしていた船がフェリーと衝突して沈没する事故が起きていたことを、イギリスの海難調査委員会が発表しました。

Wi-Fiが切断しフェリーにクラッシュ

昨年5月、34歳のイギリス人船乗りデヴィッド・カーリン氏は、第二次世界大戦中に訓練船として使われていた50フィート(約15メートル)の木製の船を操縦する際、iPadのアプリをナビゲーションとして使用していました。カーリン氏は船を売却したいと考えており、査定のためにグリムズビーからハルまで航海する予定だったようです。
 
しかしiPadのWi-Fi接続が切断され、船の正確な位置がわからなくなってしまいました。船にはコンパスがなく、iPadにナビを頼りきりだったため、巨大な貨物船が行き来するハンバー川の主要航路に入り込んでしまいます。船は貨物フェリーに衝突し、沈没しました。
 
カーリン氏はメーデー・コール(遭難信号)を出し、乗客とともに救出されました。幸い怪我人はいなかったようですが、カーリン氏には3,000ポンド(約42万円)の罰金と職務停止処分が課せられました。
 
衝突した貨物フェリーはカーリン氏の船の1,400倍の大きさで、船長は衝突したことすら気がつかなかったそうです。この船長にもカーリン氏と同額の罰金が課せられました。
 
iPadやiPhoneのようなタブレットやスマートフォンは便利とはいえ、当然ながら海の上でも万能というわけではないようです。
 
Source:CNET
Photo:Metro
(nanakaba.n)