5月初旬まで食べられる「フレザリア」(648円)

写真拡大

注目店のパティシエが、この時季ならではの特別なスイーツを提供している。今回はそのなかから、「ラ・プレシューズ 紀尾井町店」のクリームが光る逸品を紹介!

【写真を見る】2000年に「ラ・プレシューズ」を開業したパティシエの山川隆弘氏

新橋の名店「ペシェ・ミニョン」で修業したのち、同店を引き継いだ山川隆弘氏は、2000年に「ラ・プレシューズ」を開業した。特に有名なのはモンブランだ。

5月初旬まで食べられる「フレザリア」(648円)は、キルシュで香りづけしたクリームが口の中でサッととろけるのが特徴。イチゴの甘酸っぱさがアクセントになった、おすすめの逸品だ。

同店は、国産牛乳や発酵バター、旬の果物など、厳選した素材を使用したケーキが評判!紀尾井町店では1日限定15食のアフタヌーンティーも提供している。【ウォーカープラス編集部】