死ぬまでにやってみたかった…「逮捕される」という夢を叶えた100歳のおばあちゃん

写真拡大

死ぬまでにやってみたいことの1つや2つ、誰にでもあるのではないか。

オランダのネイヘーメンという街に住む、およそ100歳のおばあちゃん、アニーさんにももちろんあった。

逮捕されるのが夢

アニーおばあちゃんの夢は、「1度でいいから警察署内にある留置場に入ってみたい」というもの。いわゆる「豚箱」というヤツだ。

そしてこの度、その願いが見事に叶えられたのである。

といっても、逮捕されたいからと言って、彼女が何か無理やり罪を犯したわけではない。

地元警察の厚意

地元警察の協力があってこその夢の実現と相成った。

Nijmegen Zuid警察は、アニーおばあちゃんが長年夢見てきた、逮捕の瞬間をFacebookで公開している。

留置場に入るべく、逮捕され手錠をかけられるおばあちゃん。

Politie Nijmegen-Zuid/Facebook

Politie Nijmegen-Zuid/Facebook

笑顔のおばあちゃん

この上なく嬉しそうである。

Politie Nijmegen-Zuid/Facebook

Politie Nijmegen-Zuid/Facebook

そして、夢の豚箱へ。

Politie Nijmegen-Zuid/Facebook

Politie Nijmegen-Zuid/Facebook

彼女はカメラの方に手錠を見せびらかし、まるで少女の様な笑顔を見せた。

同投稿は複数の海外メディアでも報じられ、4000人以上が「いいね!」などしている。

言わずもがな、「とっても幸せそうですね」「ユーモアを理解してくれる警察に感謝します」「おばあちゃん、やったね!」「素敵すぎる」「こんな風に年を取れたら…」と、皆ホッコリとさせられている。

アニーおばあちゃんにとって、一生の思い出になったに違いない。