男子がアドバイス! 「飲み会でやらないほうがいい」女子のNG行動・4選

写真拡大

みなさん、飲み会は好きですか? 気になる異性が参加する飲み会では、自分の印象を悪くしないようにふるまいたいですよね。女性が男性にモテたい場合、「飲み会で絶対にやらないほうがいいと思うこと」を、男性のみなさんに聞いてみました。

■恋愛経験を語る

・「自分がどんな男性と付き合っていたか、元カレの話をする人。聞きたくない話をされても、うれしくないから」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「今までの恋愛の経験人数の話を誰も求めていないのに赤裸々に語る」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

過去の恋愛の話は女性であれば同性として興味をもってくれるかもしれませんが、男性にとっては聞きたくない話のようですね。知らなければよかったと、まわりの男性に後悔させないようにしたいところ。

■距離を詰める

・「激しいボディタッチ」(27歳/自動車関連/技術職)

・「パーソナルスペースが狭くて、距離が近い」(25歳/医療・福祉/専門職)

飲み会であまり興味のない人に近づかれても、困りますよね。さらになれなれしくボディタッチをしてくる女性はいかにも男性を狙っていそう。そう思って警戒する男性も少なくなさそうです。

■ぶりっ子をする

・「みんなに愛嬌を振りまくこと。あの子は八方美人だと、男性同士で裏で話したりするから」(24歳/その他/営業職)

・「ぶりっ子は完全にアウト」(30歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

かわいこぶりっ子をする女性。いやに愛想をよくされても、なんだか下心がありそうな、押し売りのような気がする人もいるのでは? 変に男性から好かれようとしないほうがよさそうです。

■酔っぱらって羽目を外す

・「酔っぱらってキスをする」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「酔っぱらったように見せてはだめ」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

飲み会ではお酒が入りますから、多少の行きすぎた行動も参加者からは大目に見てもらえるかもしれません。しかしあまりにも羽目を外してしまったときや、わざと酔ったふりをするのはNGなようですよ。

■まとめ

男性目線で見ると、飲み会でのタブーは色々あるようですね。とはいえ、ご紹介したようなNGポイントをストレートに指摘してくれる人はそうそういませんよね。今回、男性たちから挙げられたような行動に思い当たる節があるという女性は、少し気にとめておくと、飲み会でのアピール作戦をする場合、失敗を避けられるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数339件(22歳〜39歳の働く男性)