中国メディアの舜網はこのほど、日本国内では中国が受注したインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画に対する進捗が日本国内で頻繁に取り上げられ、報じられていることを紹介したうえで、「なぜ日本はこれほどまでに中国高速鉄道に関心を抱くのか」と疑問を呈した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの舜網はこのほど、日本国内では中国が受注したインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画に対する進捗が日本国内で頻繁に取り上げられ、報じられていることを紹介したうえで、「なぜ日本はこれほどまでに中国高速鉄道に関心を抱くのか」と疑問を呈した。

 記事は、ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていたが、後から参加を表明した中国が破格の条件を提示して受注したことを伝え、「ジャワ島の高速鉄道計画を失注した日本にとっては同計画はもう関係ないはず」なのに、日本はいつまでも同計画の進捗に関心を持ち続けていると主張した。

 続けて、日本側は「ジャワ島の計画を失注したのは日本に原因があるとは思っておらず、中国に原因があると考えている」と主張し、だからこそジャワ島の計画にこれほどまで「嫉妬」とも言えるほどの関心を抱いているのだと論じた。

 一方で、中国がジャワ島の計画への参加を表明したのは「日本より後だったが、大事なのは順番ではなく、相手国に何を提供できるか」という点であるとし、日本と中国がそれぞれ提案した内容をインドネシア側が吟味した結果、中国の提案のほうが優れているとして中国が選ばれただけに過ぎないと主張した。

 また記事は、ジャワ島の高速鉄道計画においては、土地の収用が思うように進んでいないなどの問題が起きていることは事実だとしながらも、インドネシアは中国が推進する一帯一路戦略における重要な構成国であり、「中国は絶対にジャワ島の高速鉄道計画を放棄しない」と主張。ジャワ島の高速鉄道計画を失注した日本にとっては同計画はもう関係ない以上、日本はあれこれと口を出す必要はなく、関心を抱く必要もないと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)