『ピウス13世 美しき異端児』

写真拡大

アカデミー賞女優のダイアン・キートン(『クーパー家の晩餐会』)と、英国を代表する俳優ジュード・ロウ(『ホリデイ』)が共演する米HBOの新シリーズ『ピウス13世 美しき異端児』。本国でも今年1月より放送が開始したばかりの話題作がWOWOWプライムにて4月22日(土)より放送スタートすることが決定した。

全10話で構成される今作は、アメリカ人ながらローマ教皇になったばかりの男(ジュード)が主人公。彼は強大な権力を持つが、葛藤を抱えた複雑な人間で、神から見放されるのではと恐れるようになる。ダイアンが演じるのは、アメリカ人だが今はバチカンに住む尼僧メアリーというキャラクターだ。

『グレート・ビューティー/追憶のローマ』でアカデミー賞の外国語映画賞を受賞したパオロ・ソレンティーノが脚本を執筆し、10話すべての監督を担当。製作総指揮を務めるのは、『孤独な天使たち』のロレンツォ・ミエーリとマリオ・ジャナーニ、『オースティン・パワーズ:デラックス』のジョン・ライオンズ。

『ピウス13世 美しき異端児』はWOWOWプライムにて4月22日(土)午後1:00よりスタート。2週連続全10話一挙放送となる。(海外ドラマNAVI)