『大人列車』『12月のカンガルー』『夢へのルート』『Make noise』などAKB48グループへの楽曲提供でお馴染みの外山大輔による「外山大輔プロデュース「ミネルヴァよ、風を起こせ」公演」がAKB48劇場にて開幕。先日行われた「こじまつり」の感想も「小嶋さん感謝祭。めちゃめちゃ良かったなぁ。AKBが好きで良かった。」とコメントするほどAKB48愛に満ちた外山氏。

今回の「ミネルヴァよ、風を起こせ」も、AKB48愛に満ちた構成となった。初日の出演メンバーは、谷口めぐ、中西智代梨、市川愛美、武藤十夢、茂木忍、後藤萌咲、福岡聖菜、大森美優、岡田奈々、川本紗矢、込山榛香、村山彩希、大西桃香、岡部麟、清水麻璃亜、舞木香純が参加。

今回、我々はゲネプロ取材に参加した。「ダンス選抜」とMCでメンバーが語るように、難易度の高いダンスナンバーも含まれていた今回のセットリスト。

『重力シンパシー』から始まったライブは(overtureも実は今回は外山Pバージョン)『ゼロサム太陽』へと続き『私たちのreason』『ラベンダーフィールド』と公演で人気の楽曲でガッチリと序盤から攻めれば、ユニット曲ではSKE48のユニット、ラブ・クレッシェンド『コップの中の木漏れ日』という意表を突く選曲からスタート。特にユニット曲では、茂木忍、舞木香純、大西桃香による『口移しのチョコレート』が茂木・舞木の溢れ出るセクシーさで圧巻。大西もセクシーにパフォーマンスすることに悩んだと言うが、それも納得するほど。特にこの日は、舞木香純がパフォーマンスで存在感を示した。

スラっと伸びた手足、ダンスも基本をおさえながらキレもあり見ていて楽しい。表現力も高く注目のメンバーとなっていきそうだ。しかも、彼女の「モウギ カスミ」という名前にも注目が集まり、この日に出演していた茂木忍と呼び名が似すぎ、レッスンやリハーサルでも紛らわしかったとMCで人気に。舞木もセクシーさを褒められると「顔から色気が滲み出ていると言われます」と発言。天然説をメンバーから指摘される一幕も。

また、谷口めぐの存在感も光った。そのキレとダンスの圧力でグイグイとひきつけてくる。かと思えば、テンポが落ちる楽曲では感情をしっかりとこめて踊る。全員参加楽曲でもつい目が行ってしまう。それだけ、谷口のダンスは存在感がスゴいことになっている。その表情も自身に満ち溢れ、堂々としたもの。岡田奈々もこの日に披露されたHKT48の『Make noise』について「ずっと練習していた」と谷口を絶賛。難しいダンスナンバーをしっかりとセンターで勤め上げた。

アンコール明け、外山氏作曲の『混ざり合うもの/乃木坂AKB』の披露から、最後は『風が吹いている』で「ミネルヴァよ、風を起こせ」公演は終了した。

最後にメッセージソングである『風が吹いている』を持ってきたことは、外山氏からのAKB48へのメッセージだったのではないかと思う。今回の若手メンバー主体の構成で『風が吹いている』を最後に歌う…「第二章」となるAKB48を一歩ずつ彼女たち次世代メンバーが進めていくんだ…そんな思いが込められていたような気がした。

今回、編集部で注目をした舞木香純、谷口めぐの他にも、チーム8を始め注目のメンバーが多く出演する予定の「ミネルヴァよ、風を起こせ」公演、ぜひ注目して頂きたい。