【詳細】他の写真はこちら

これなら数年間くらい生活できそう。

今も昔もアウトドア好きの心を熱くさせてくれるキャンピングカーやキャンピングトレーラーですが、ここまできたらもはや進化の余地はないかもしれません。海外にて、家を引っ張っているようにしか見えないキャンピングトレーラー『Tradition』の販売が開始されています。

この『Tradition』、見た目にはどうみても大草原の小さな家ですが、車体の下には小さなタイヤを4つ装備。これをパワフルなRV車などで牽引すれば、移動式住居のできあがりってわけです。

車両には全長が約6.4メートルのものと、約7.6メートルの2モデルが存在。全長の長いロングバージョンには、広々とした玄関が付属します。

パイン材で構成された美しいインテリア





『Tradition』に一歩入れば、このように広大な居住空間が! 大きなソファにテーブル、シンク、冷蔵庫、ロフト式のベッド……一人暮らし用のアパートとなにも変わりませんね。むしろこの美しいデザインを考えれば、そこらのアパートよりも快適かも?

広々ベッドに使いやすいシンク







なんだか不動産の紹介みたいになってきましたが、『Tradition』のロフトベッド部分はかなり広く2〜3人ぐらいは寝られそう。シャワーやトイレ、シンクなどの水回りの設備もしっかりしていますし、冷蔵庫はフルサイズのものが備え付けられています。

未来のセカンドハウスはキャンピングトレーラーで決まり?





『Tradition』の価格は5万3000ドル(約600万円)からスタート。おや、豪華なキャンピングカーを買うよりもこっちのほうがいいかも……? なおその重量は3.6トン〜5.4トンに達するので、牽引するクルマにはしっかりパワーのある車種を選ぶ必要がありそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



Escape(『Tradition』製品ページ)

関連記事



もうコレに住めばいいじゃん!? どう見ても家っぽいキャンピングトレーラー

最強の車中泊マシン爆誕! あの『ウニモグ』がキャンピングカーに

いつまでも旅をしていたくなる水陸両用キャンピングカーをどうぞ