解像度12,000dpiの高精度光学センサー搭載ゲーミングマウスROCCAT「Kone EMP」が登場!

写真拡大

解像度12,000dpiの光学センサーを搭載したゲーミングマウス「Kone EMP」が、ROCCATから発売中だ。



「Kone EMP」は、同社製ゲーミングマウス「Kone XTD Optical」の後継モデルに当たる製品で、解像度12,000dpiというPixArt社の光学センサーをROCCATが独自に調整した高精度光学センサー「Owl-Eye」を搭載しており、解像度を100〜12,000dpiの範囲で100dpiごと調整することが可能だ。

そのほか、4方向チルトが可能な「4Dチタンホイール」や、各ボタンに2つのプログラム機能を搭載することで合計で21の機能が利用できる「Easy-Shift[+]、カスタマイズ対応のLEDイルミネーション機能などを搭載する。

主な仕様は、本体サイズが7.7(幅)×13.1(奥行き)×4.2(高さ)cmで、重量は116g。接続インターフェイスがUSB 2.0。ケーブル長は1.8m。センサー解像度が12,000dpi。ポーリングレートは1,000Hz、応答速度が1ms、加速度は50G、トラッキング速度が250ips。対応OSはWindows 7/8/10。

価格は、下記のとおり。

ROCCAT「Kone EMP」
9,700円(税込):パソコンショップ アーク


>> 解像度12,000dpiの高精度光学センサー搭載ゲーミングマウスROCCAT「Kone EMP」が登場! の元記事はこちら