神奈川「さがみ湖桜まつり2017」夜桜イルミネーション・約2500本の桜と600万球の光の競演

写真拡大

神奈川県相模原市の「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」にて、2017年3月25日(土)より「さがみ湖桜まつり2017」が開催される。

「さがみ湖桜まつり2017」は、さがみ湖リゾートならではの起伏に富んだ地形を活かし、どこまでも広がる桜を鑑賞できるイベント。都心からわずか1時間のさがみ湖の森を、約2,500本の桜が彩る。

新スポット「桜の天の川」

今回は、約500本の桜並木が400mに渡って続く新スポット「桜の天の川」が新登場。「桜の天の川」は、桜を鑑賞するために新設された約400mの散策ルートの両脇に約500本の桜が立ち並び、頭上で花を付けた枝が交差し、ピンク色のトンネルの様な美しい光景を演出。また、散策ルートにはリフトが併設しており、リフトに乗りながら桜並木を見下ろす特別な花見を体験することもできる。

夜は関東最大600万球のイルミネーションと約2,500本のソメイヨシノを中心とした桜が競演する「夜桜イルミリオン」へと生まれ変わる。華やかなイルミネーションの光と、ライトアップされた桜はそれぞれの美しさを一層際立たせ、幻想的な雰囲気に。

新アトラクション「マッスルモンスター」

同日、山頂にてオープン予定の鳥肌コロシアム「マッスルモンスター」からの眺望はまさに絶景。眼下に桜を見下ろしながらアスレチックに挑戦することもできる。足元に広がる起伏に富んだ敷地に広がる桜は「さがみ湖リゾート」ならではの魅力だ。さらに、園内では桜と共にヤマブキやスイセンなど、様々な花も見頃を迎える。

「お花見限定メニュー」と「ナイトアトラクション」も

園内中心部にあるレストラン「ワイルドダイニング」では、大きく開けた窓があり、お花見限定メニューの「さくらパンケーキ」などと共にお花見を楽しむことができる。また、観覧車や極楽パイロットなど全10機種の乗り物を「ナイトアトラクション」として営業。各アトラクションにはこの期間限定でイルミネーションの装飾が施される。

日帰り温泉やイベントも充実

桜やイルミネーションを鑑賞した後は「さがみ湖リゾートエリア」内の日帰り温浴施設「さがみ湖温泉 うるり」で体をゆっくり温めて帰ることができる。隣接のキャンプ場に宿泊し、朝露に濡れる桜を愛でるのも風流だ。加えて、期間中の週末には桜の下で、手裏剣や巻物探しをする忍者修行のイベントも実施。桜鑑賞だけではない、体験型複合リゾート「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」の魅力を味わってみてはいかがだろうか。

【詳細】
さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト
営業期間:2017年3月25日(土)〜2017年4月30日(日) ※予定 ※定休日は要問合せ。
営業時間:2017年4月9日までは 9:00〜21:00 (最終入場は20:30)
※昼間からプレジャーフォレストに入園の場合はイルミリオンをそのまま観覧可。
2017年4月10日からは 9:00〜16:30(平日)・9:00〜17:00 (土休日)
料金:
桜まつり特別入園券(2時間以内):800円、リフト片道券付き:1,000円、リフト往復券付き:1,300円
夜桜イルミリオン(16時以降入園):大人:800円、子供・ペット(犬):500円
(大人は中学生以上、小人は3歳から小学6年生)
住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634
交通:
・車
[東京埼玉方面から]中央自動車道 相模湖東出口から約7分
[横浜方面から]圏央道相模原IC (3月29日開通予定)から約15分、圏央道高尾山ICから約20分
・電車/バス
JR中央本線 相模湖駅にて津久井神奈交バス「三ヶ木」行きに乗り約8分、
「プレジャーフォレスト前」下車
JR横浜線 橋本駅にて神奈川中央交通バス「三ヶ木」行きに乗り換え約35分、
「三ヶ木」バスターミナルにて「相模湖駅」行き約50分、「プレジャーフォレスト前」下車

【問い合わせ先】
さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト
TEL:042-685-1111


[写真付きで読む]神奈川「さがみ湖桜まつり2017」夜桜イルミネーション・約2500本の桜と600万球の光の競演

外部サイト

  • 東京駅・商業施設やホテルで“桜”メニューが登場 - 桜塩漬けがのったチーズケーキやお花見弁当
  • 商業施設「キュープラザ二子玉川」モンベルやボルタリングジム、レストランなど出店
  • 小旅行気分の本格タイ料理「バンコクナイト」渋谷・スペイン坂に、手掛けるのは宇田川カフェのLD&K