写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Xperiaシリーズ拡充、実機をチェック
世界最大のモバイル関連展示会「Mobile World Congress(MWC) 2017」が、スペイン・バルセロナで開幕した。初日には、ソニーモバイルコミニュケーションズがプレスカンファレンスを開催し、960fpsの「スーパースローモーション撮影」が可能なスマートフォン「Xperia XZ Premium」などを発表。いずれも今年春以降の発売予定だが、具体的な発売日などは明らかにされていない。

Xperia XZ Premiumは、ハイエンドな「Xperia XZ」のバリエーションモデル。ソニーが新規開発したメモリ積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」(有効画素数1900万画素)、新開発の「Gレンズ」、画像処理エンジンの「BIONZ for mobile」の3つを組み合わせた「Motion Eye」カメラシステムを採用したことで、最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能になった。

スーパースローモーションは、通常の動画撮影中にボタンを押すと、約200ミリ秒の間、960fpsで撮影。再生を押すと、ほんの一瞬の映像が6秒間にわたってゆっくりと映し出される。スーパースローモーションは単独でも撮影できるが、決定的瞬間をよりインパクトのある映像として残せるように、通常動画の撮影中にスーパースローモーション撮影を行うことを推奨していた。

先読み撮影機能も搭載されており、被写体の動きを検出すると自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングして、シャッターが押される直前の画像も記録しておく。これにより、シャッターを切るのがわずかに遅れても、決定的瞬間をおさめやすくなる。

ディスプレイは5.5インチ液晶で、スマートフォンでは初めて4K HDRに対応した点が新しい。「トリルミナスディスプレイ for mobile」「X-Reality for mobile」「Dynamic Contrast Enhancement」といった技術も搭載する。

HDRをサポートしたことで、対応コンテンツの再生時に、より広いダイナミックレンジ、豊かな色彩で映像を再生できるようになった。また、Amazonと協業したことで、Amazonプライム・ビデオでモバイル向けのHDR映像が配信されることになったという。

そのほか、Qualcomm Snapdragon 835搭載により下り最大1Gbpsの通信に対応。USB Type-C端子は最大5GbpsのUSB 3.1 Gen1に対応した。

デバイスとしては、XZ Premuimと同じMotion Eyeを搭載した「Xperia XZs」、左右のベゼルを極限まで削除した「Xperia XA1」、6インチの大画面を搭載した「Xperia XA1 Ultra」も発表され、バリエーションを拡大させた。

●両耳に着ける「Xperia Ear」
○Xperia Touch

Xperiaブランドのスマートプロダクトにも新展開が。前回の「MWC 2016」でコンセプトモデルとして発表されたAndroid搭載の超短焦点プロジェクターが「Xperia Touch」として発売されることが決まった。床や壁に密着させて画面を写し出すと、赤外線が指を検知し、スマートフォンのようにタッチ操作が可能になる。10本の指まで独立して検知するため、ピアノアプリや多人数で同時に遊ぶゲームなど、スマートフォンにはない使い方ができる。

基本的な構造としては、超短焦点プロジェクターにAndroidスマートフォンを搭載したようなもので、Google Playから各種アプリをインストールすることもできる。

○Xperia Ear Open-Style

片耳に装着してスマートフォンの通知の読み上げ、コマンドの実行などができる「Xperia Ear」。このパーソナルアシスタントの新たなコンセプトモデルとして「Xperia Ear Open-Style」が登場した。現時点ではあくまで「コンセプト」であり、今後MWCなどでユーザーの声を集め、開発を続けて商品化するか検討する。Xperia Touchは前回のMWC以降、同様の取り組みで商品化までこぎつけており、要望の声が大きければこちらの商品化もあるだろう。

Xperia Earが片耳用だったのに対し、Open-Styleは両耳に装着するタイプ。インナーイヤー型だが、イヤーピースが円形になっていて、耳に入れると輪の中心の穴から外部の音が聞こえてくる。同時に、イヤーピースから音も聞こえてくるため、両方の音が同時に耳に入ることになる。外部の音はまるでイヤホンをしていないかのように届き、同時にイヤホンの音も聴けるというのが、なかなか不思議な感覚だ。

Xperia Earと同様、音声コマンドの実行や通知の読み上げもサポート。両耳に装着するため音楽も聴きやすい。ヘッドホンでは密閉性の高さが売りになることもあるが、この「Open-Style」は逆にオープンになっている。片耳のXperia Earとは、用途に応じて棲み分けるイメージのようだ。

ソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長は「Xperia Earはハンズフリー、アイズフリーを実現した。次は"イヤーズフリー"を実現したい」と話し、Open-Styleが提供する価値を強調する。十時社長は「パーソナライズされた、インテリジェントな商品やサービスを創造し、人々がそれぞれ繋がる」というコンセプトを今年も継続するとして、今後もさまざまな商品を提供していきたい考えだ。

(小山安博)