28日、K-1ファイターの武尊(25)が、MCを務めるAbemaTVのトーク番組『アベマショーゴ 〜気になる人フカボリSHOW』にて、ラブホテルでの衝撃的な失敗談を語った。

 この日のゲストは元モデルの異色ガールズラッパー・chelmicoの2人。RACHEL(23)とMAMIKO(20)はともに酒好きで、2人で飲みに行くことも多いそう。お酒での失敗談に話が及ぶとRACHELはライブ中にウォッカを差し入れられ、倒れて記憶をなくしてしまったことがあると語った。MAMIKOは「起きたらラブホで……」と意味深に話を切り出し、眠くなってRACHELとラブホテルに泊まったことがあると告白。ニューヨークの屋敷裕政(30)は不満そうに「こんなんどうでもいいわ」「朝起きたらとなりに知らん男がいたみたいなのを期待してたのに!」「ラッパーのくせに」とキレ気味。武尊も「ですよね、2-2でラブホ入った……みたいな話がよかった」「追加料金払えば4人で入れるんですよ」と情報通の一面を覗かせた。

 ここで武尊が、ラブホテルにまつわる自身の失敗談を披露。数年前、武尊が始発を待つためマンガ喫茶を探してフラフラしていたところ、コンビニの前でとても可愛い子を発見。女の子が酔った様子で佇んでいたため、思わず「お」と思い声をかけたという。折しも場所はホテル街。「寒い。あったかいところに行きたい」「寝たい」と訴えられたため、「じゃあホテル行こうか!」と下心満々でラブホテルに入った。


 すると女の子が「お風呂、先に入ってきて」と熱心に薦めてきたそう。「お、そうゆうこと?」と武尊のテンションもアップしたが、会話が盛り上がり、お風呂のタイミングを逃し続けてしまったという。


 ところが、女の子は武尊に気を許したのか、「実はお風呂に入っている間に、財布盗って帰ろうとしてたんだよね」「今日ずっとやってたんだ」と、窃盗目的だったことを告白。ニューヨークの2人は「やべえやつじゃん!」と驚愕し、武尊は「東京出てきて間もない頃だったから、東京怖いなと思いました」「女の子に『お疲れさまでした』と言って、一人でラブホに泊まりました」と語った。

 武尊は「お母さんが見ているのに、毎週、こんな話しちゃって」「先週もこんな(エロい)話をしたら、お母さんはその話には一言も触れず、『今週も見たよ』って連絡をくれました」とちょっと恥ずかしそうな様子。屋敷から「エロ本見つかったのに触れられないみたいな」と的確に例えられていた。


 武尊は「女の子には、“これからそういうことしないでね”って言ってお別れしました」と世直しに貢献したとアピール。「お母さん、ちゃんといいことしたよ」と、カメラに向かって手を振っていた。

(c)AbemaTV