「バツイチ子持ち男性」と恋愛・結婚するメリット&注意するべきこと

写真拡大

好きになった人がバツイチ子持ち男性だと、どうしてもマイナスイメージを持つ人もいるので、今後の付き合いや結婚を考えて、少し不安になることもあるのでは? とはいえ、その不安が原因で、せっかく好きになった彼への気持ちを諦めてしまうのはもったいないですよね。今回は、「バツイチ子持ち男性」と恋愛・結婚するメリットと、「バツイチ子持ち男性」との恋愛・結婚で注意するべきことをご紹介します。

<目次>
■「バツイチ子持ち男性」と恋愛・結婚するメリット
・結婚生活に慣れている
・子育てに慣れている
・過去の経験を活かして円満な関係を目指せる
■「バツイチ子持ち男性」と恋愛・結婚するときに確認しておくべきこと
・離婚原因は?
・再婚は考えている?
・子どもの養育費はどうしているの?
・元奥さんや子どもとは会うの?
・将来子どもはほしい?
■弁護士に聞いた「バツイチ子持ち男性」との恋愛・結婚で注意するべきこと
・再婚への慎重さを理解しよう
・子どもへの気持ちを尊重しよう
・離婚原因について考えよう
■まとめ

■「バツイチ子持ち男性」と恋愛・結婚するメリット

出会いの場などで「バツイチ子持ち男性」と知り合うと、なんだか敬遠してしまう人もいるかもしれません。しかし、バツイチ子持ち男性と恋愛・結婚するメリットもあるはず。どんなことがメリットとして挙げられるか、女性にアンケートで聞いてみました。

<結婚生活に慣れている>

・「結婚生活や、育児の現実的なところがわかっている」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「ある程度結婚生活がどういうものかわかっているので、生活に余裕が持てそう」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

離婚経験があるということは、結婚生活を一度は経験しているということ。つまり結婚生活がどれだけ大変かも理解しているでしょう。家事など、自分ひとりでは大変なことも、男性が理解したうえで一緒に手伝ってくれるようなら、お互いの負担も減らせそうですよね。

<子育てに慣れている>

・「子どもの扱い方をわかっていること」(29歳/その他/その他)

・「子育てに協力的そう。子どもぐるみの付き合いができそうだから、結婚生活のイメージがしやすそう」(女性/28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「子どもができても、子育てができるから相談しやすい」(32歳/医療・福祉/専門職)

バツイチ子持ち男性は、子育てに慣れている印象もありますよね。将来自分との間に子どもを授かったときにも、その子育て経験から、いろいろと頼りにできるのではないでしょうか。

<過去の経験を活かして円満な関係を目指せる>

・「1回失敗しているから同じ失敗を繰り返すことがなさそう」(28歳/学校・教育関連/その他)

・「1回失敗しているから、女性にやさしい」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「1回失敗しているから、相手の気持ちを尊重してくれそう」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

過去の失敗を糧にして、いい関係を築いてくれそうだという意見もありました。離婚に至る理由は夫婦によってちがいますが、その経験から学んだことを活かして、バツイチ子持ち男性とも素敵な恋愛を育めそうですよね。

バツイチ子持ち男性との恋愛・結婚には、このようなメリットが挙げられるようですね。しかしいざバツイチ子持ち男性と交際や結婚をしたいと思ったとき、彼に確認しておくべきことは何なのでしょうか?

■「バツイチ子持ち男性」と恋愛・結婚するときに確認しておくべきこと

「バツイチ子持ち男性」には、ひとりの女性と結婚して子どもを授かったものの、離婚してしまったという経緯があります。その事実をわかったうえで、「バツイチ子持ち男性」と恋愛・結婚するとき、今後2人の間ですれちがいやトラブルが起きないよう、その男性に確認しておくべきことを女性のみなさんに聞いてみました。

<離婚原因は?>

・「なぜ結婚、離婚をしてしまったのか、その理由」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「元奥さんと別れた理由。どちらが悪いのか。今後の自分の生活に影響するから」(24歳/その他/その他)

・「なぜ離婚をしたのかの理由。子どもを育てている理由」(29歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

離婚に至る理由は人それぞれでしょうが、なぜ離婚しなければならなかったのか、男性側に悪いところがなかったのかなど、気になる点は多くありますよね。もしも気になるバツイチ子持ち男性に悪いところがあったとしたら、彼との関係をどのように築いていくか考えるヒントにもなりそうです。

<再婚は考えている?>

・「結婚する気があるのかないのかだと思います」(30歳/その他/自動車関連)

・「それでも2回目の結婚をしたいと思うか」(33歳/その他/その他)

過去のこととはいえ、離婚をすると悲しい気持ちになり、次の結婚に躊躇してしまいそうなもの。それでも再度結婚したいという意思があるのかどうか、聞いておきたいところですよね。女性側に結婚願望があるのなら、なおさらです。

<子どもの養育費はどうしているの?>

・「養育費はどうなっているのか。自分と結婚することになったときに、その費用が家計に響くと嫌だから」(27歳/生保・損保/営業職)

・「養育費を払っているかどうか。いくら払っているか」(30歳/食品・飲料/その他)

・「養育費がいくらか。もし結婚も視野に入れるなら現実的なことも気になるから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

元奥さんが子どもを引き取って育てている場合、定期的に彼が子どもの養育費を元奥さんへ支払っているケースも。それを知らずに彼と結婚して、お金の問題でもめないためにも、養育費についてはきちんと確認しておく必要がありそうですね。

<元奥さんや子どもとは会うの?>

・「別れた元奥さんと交流があるのかだと思います」(30歳/その他/自動車関連)

・「前の奥さんとの子どもとの面会について。自分の子どもができたときに、どんな風になるか不安だから」(28歳/学校・教育関連/その他)

元奥さんとはいえひとりの女性ですから、彼と元奥さんが定期的に会う機会があるのかどうか気になるところ。また子どもと離れてくらしている場合、子どもとの面会もあるのかも聞いておきたいですよね。

<将来子どもはほしい?>

・「2人の間に子どもを作るか作らないかの決めごと。連れ子に対する接し方」(37歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自分との子どもがほしいかどうか知りたい」(30歳/運輸・倉庫/その他)

男性側に子どもがいても、自分との間にも子どもがほしいと思っているのかは気になりますよね。事前に彼の気持ちをたしかめておけば、将来のことも見据えた関係作りができそうです。

将来を見据えてまじめにお付き合いしたいのであれば、このような点は忘れず彼に確認しておいたほうがいいでしょう。また、離婚相談にくわしい弁護士の観点からも、バツイチ子持ち男性との恋愛・結婚で女性側が注意するべきポイントを聞いてみました。

■弁護士に聞いた「バツイチ子持ち男性」との恋愛・結婚で注意するべきこと

バツイチ子持ち男性と恋愛・結婚をするときに、女性側が注意するべきことは何なのでしょうか? 離婚相談にくわしい弁護士の堀井亜生先生に教えてもらいましょう。

<再婚への慎重さを理解しよう>

実際に離婚を経験した人によると、離婚というのはこれまで積み上げてきたものが壊れるとても辛い経験だそうです。なので、バツイチの彼は再婚に対して慎重になっていて、なかなか結婚しようと言ってくれないかもしれません。「前の奥さんとは結婚したのに、どうして私とは結婚してくれないの?」と思うかもしれませんが、それは前に失敗して辛い経験をしているからだということを理解してあげましょう。

<子どもへの気持ちを尊重しよう>

彼を独占したいと思うあまり、別れた奥さんとの間の子どもとの関係を断つことを望む女性もいますが、彼にとっては大切な自分の子どもです。あなたと比較してどちらが大事と言えるものではありません。あなたの手前、子どものことを口にしなかったとしても、心のどこかでは会いたいと思っているかもしれないので、その気持ちは尊重しましょう。

<離婚原因について考えよう>

彼は一度結婚に失敗しているわけですから、その点を無視することはできません。離婚の原因がすべて前の奥さんにあるということはまずないので、彼のほうにはどんな原因があったのか、その原因をあなたは許せるのかという視点で交際するといいでしょう。あなたが彼との結婚を考えているなら、なぜ離婚してしまったのかを聞いてみるのがいいかもしれません。そのうえで、彼が離婚してしまった原因を2人で改善していい家庭を築いていきたい気持ちがあることをアピールすると、彼も結婚に前向きになってくれるはずです。

バツイチ子持ち男性と恋愛・結婚するときは、堀井先生のアドバイスを参考に、これらのことを注意してみてくださいね。

■まとめ

好きになった相手がバツイチ子持ちの男性だという点で、マイナスイメージにとらわれてしまう人もいるかもしれません。しかし本当に彼と一緒にいたいのなら、彼の過去をしっかりと受け止め、今後のことを建設的に話し合っていく必要があるでしょう。今回の記事を参考にして、2人で幸せな未来を築いていくださいね。

(監修:堀井亜生、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月17日〜2月18日
調査人数:168人(22〜34歳の女性)