写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スイッチサイエンスは28日、Wi-Fi、BLE(Bluetooth Low Energy)機能を搭載した格安入門機「Raspberry Pi Zero W」を、同社Webショップで販売することを発表した。発売時期は3月下旬(Webショップの会員には開始時に通知あり)。価格は1,296円(税込)。

「Raspberry Pi Zero W」は、超低価格入門機「Raspberry Pi Zero」と同じサイズで、無線通信機能(Wi-Fi、BLE)が追加されたもの。多くのユーザーへ行き渡らせる目的で、購入は1人一台のみに制限。単体購入の場合、送料150円で発送される。

また、スイッチサイエンスが販売する同製品は、総務省の工事設計認証(いわゆる技適)を取得し、日本国内で適法に使用することができるようになる予定とのこと。現在この件について、同社からRaspberry Pi財団に詳細を確認している段階という。

「Raspberry Pi Zero W」には、「Raspberry Pi Zero」と同様にMini HDMIとUSB Micro-Bレセプタクルが使用されており、同機を使用するためには対応するケーブルや変換アダプタが必要となる。今後、ユーザーがすぐにRaspberry Pi Zero Wを楽しめるよう、周辺機器を含めたキットも発売する予定で、複数購入を検討しているユーザーにはこちらの利用を推奨している。

(杉浦志保)