27日、トランプ米大統領がホワイトハウスで中国の楊潔チー国務委員と会談し、ハイレベル交流の強化を約束した。写真はホワイトハウス。

写真拡大

2017年2月27日、トランプ米大統領がホワイトハウスで中国の楊潔●(ヤン・ジエチー、●は竹かんむりに褫のつくり)国務委員と会談し、ハイレベル交流の強化を約束した。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

新華社によると、楊国務委員は会談のなかで「習近平(シー・ジンピン)国家主席とトランプ大統領との電話会談の意義は大きく、中米関係発展の次のステップが示された。わが国は米国とともに衝突や対抗をせず、互いに尊重し合い、協力してウィン・ウィンを得る原則を守ること、ハイレベル交流を含む各レベルのやり取りを強化して両国関係の健全かつ安定的な発展を推進し、両国国民ひいては世界の人びとにより幸福をもたらすことを望む」と語った。

これに対し、トランプ大統領は「習主席と大事な会談ができてうれしい。わが国は中国との協力関係を非常に重視している。両国はハイレベルな交流を深め、各分野において密接に協力するとともに、世界や地域の問題における調和と協力を強める必要がある」とした。

多維新聞は、楊国務委員がトランプ大統領の就任後、中国政府が米国に派遣した最初の最高級幹部であるとしたうえで、中国政府系シンクタンクの専門家が「習主席もトランプ大統領も電話会談で早期の面会を望んでいた。今回の訪米の主な目的は、2人がいつどこで会うかを話し合うことだ」との見方を示したことを伝えた。

また、ホワイトハウスのスパイサー報道官が27日の定例記者会見で「トランプ大統領と楊国務委員が共同の安全や利益の問題について議論した」と発言したことを報じている。(翻訳・編集/川尻)