【詳細】他の写真はこちら

スマートフォンがもっと楽しく、買いやすく。

最近ますますラインナップを増やしてきた「SIMフリースマートフォン」。安価な価格設定と買い切りのすっきり感がいいですよね。そしてファーウェイが3万7980円(税抜)で2月24日から国内販売を開始するSIMフリースマートフォン『HUAWEI nova』は、整ったデザインに使いやすい機能、安価な価格とまさに三拍子揃った端末なんです。





2枚のSIMカードによる「LTE+3D同時待ち受け」が可能



『HUAWEI nova』は非常にバランス良く仕上がった端末ですが、一つ尖った特長があります。それは、デュアルSIMによる「LTE+3D同時待ち受け」が可能な、いわゆる「デュアルSIMデュアルスタンバイ」(DSDS)対応端末であるということ。仕事用とプライベート用で通信キャリアを使い分けたり、あるいは音声通信とデータ通信で番号を使い分けることでスマホ利用の幅が広がりそうです。



▲ 2枚のSIMを使えることがよくわかる「デュアルカード設定」画面。もう、ひとつの電話番号に縛られる時代ではありません。

最近のスマホユーザーのニーズをひととおり網羅



その他にもコンパクトなボディに5インチ/フルHD解像度ディスプレイや高性能プロセッサ、風景も自撮りも美しく撮影できるカメラ、指紋認証機能に大容量バッテリーなど、これでもかとばかりに「欲しい!」と思える機能が詰め込まれています。



端末本体にはメタル素材を採用し、曲面デザインで本体は持ちやすく。本体背面には指紋認証センサーを搭載し、指先一つでロック解除可能。さらにイヤホンで7.1chバーチャルサウンドが楽しめる「DTS Headphone:XTM」にも対応です。

バッテリー容量は3020mAhの大容量かつ、急速充電に対応していることで、満充電で2日間使ったり90分の充電で約1日使うことができます。



充実したカメラ機能





最近のスマートフォンらしく、カメラ機能にはとことんこだわっています。背面カメラは1200万画素で明るく、ダイナミックレンジも改良。フラッシュのON/OFFの画像を合成する「ハイダイナミックフラッシュ」で、夜間の撮影にも強く。また4K動画の撮影もできます。さらに800万画素の前面カメラでは「メイクアップモード」など、さまざまな撮影が可能です。



『HUAWEI nova』のカラーラインナップはミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色。ファーウェイ・オンラインストアやMVNO、家電量販店、ECサイトで購入可能です。もうSIMフリースマホの初めての一台は、これでいいんじゃないかな……。

文/塚本直樹

関連サイト



Kelly-Moss Road & Race(情報ページ)

関連記事



4〜5万円台の長く利用できるモデルを選ぼう【今「SIMフリースマートフォン」を買うならこれ一択!】

大事なのは総合力!【今「大手キャリアのスマートフォン」を買うならこれ一択!】

スマートフォンレビュー/最新Android 4.0を搭載したNTTドコモ『GALAXY NEXUS SC-04D』