ヘディングの衝撃は想像以上!(depositphotos.com)

写真拡大

 サッカーでボールを頭で扱う「ヘディング」は、実は思いのほか脳に良くないとの研究結果が報告された。具体的には、日常的にヘディングをするアマチュア選手では、脳震盪(のうしんとう)リスクが有意に高くなるのだという。

 この研究はオンライン版「Neurology」の2月1日に掲載されたものだ。

ヘディングの衝撃は脳震盪を起こす強さ

 以前に発表された研究によると、年間1000回以上のヘディングを行うサッカー選手の30%が、脳外傷に典型的な脳白質の微細構造の変化が見られる可能性が高く、認知能力が低下することがわかっている。

 この問題をさらに調べるため、米アルベルト・アインシュタイン医学校(ニューヨーク市)教授のMichael Lipton氏らによる今回の研究では、ニューヨーク市のアマチュアサッカークラブの成人男女222人の選手が、オンラインでの質問票に回答した結果に着目した。

 その結果を見ると、全ての回答者が、前年に6カ月以上サッカーをしており、2週間のうちにヘディングを行った回数は、男性は平均44回、女性は平均27回だった。男性の37%、女性の43%は、後頭部にボールがぶつかるなど、偶発的な頭部への衝撃を1回以上経験していた。

 そして、日常的にヘディングを行う選手と、さほどヘディングを行わない選手を比較すると、脳震盪の症状を示す可能性が3倍以上にもなることがわかった。偶発的な衝撃を2週間で2回以上受けた選手は、そうでない選手と比較して、脳震盪の症状を示す可能性が6倍以上にもなった。

 さらに、「ヘディングまたは偶発的な衝撃があった」と報告した選手のうち20%に、中等度から重度の脳震盪の症状が見られた。極めて重度の症状を呈した7人のうち6人は、偶発的な衝撃を2週間で2回以上も受けており、4人はヘディング回数が最も多い群、3人は2番目に多い群に該当していた。

 Lipton氏は「この結果が、子供や学生の選手、またはプロのサッカー選手にも当てはまるとは限らないが、ヘディングの衝撃は脳震盪を起こすこともある強さであり、ヘディングに関連する脳震盪が一般的に見られると示していることは確かだ」と話している。
ヘディングで記憶力も大幅に低下

 サッカーのヘディングの危険性は『サッカーの「ヘディング」で記憶力が半減! 米国では「子供のヘディングを禁止」を発表』で詳しく紹介している。

 学術誌「EBioMedicine」に掲載された研究によると、サッカーでは日常的なプレーであるヘディングをした直後の選手を調べたところ、「記憶力が通常より41〜67%も低下した」というのである。

 2015年12月には、米国サッカー連盟(USSF)は、脳震盪などの怪我から選手を守る新たな安全計画として、「10歳以下の子供のヘディング禁止」を発表。さらに「11〜13歳の選手に対しても、ヘディングを1週間30分以内、1人あたり15〜20回にとどめる」という項目を盛り込んだ。

 頭部への運動に関しては、脳震盪を起こさなくてもても、頭痛、めまい、自律神経の障害など、さまざまな危険性がある。こうした症状は、軽症頭部外傷(Minor Head Injury)と呼ばれる。

 あの元サッカー女子日本代表の澤穂希選手も、2012年3月、ポルトガルで開催されたアルガルヴェ・カップ2012での遠征中に体調不良を訴え、帰国後、検査を受けたところ「良性発作性頭位めまい症」と診断され、この症状に似ているとの指摘もある。

 日救急医会誌「軽症頭部外傷に関連する病態と対応」(2014年)によると、以下のような記述がある。

 「近年、スポーツ選手や軍事活動に従事する兵士のように、軽症頭部外傷を繰り返し受傷した人たちが、受傷から数年後に慢性的な認知機能障害や抑うつ状態を呈することが報告され、繰り返される軽症頭部外傷に関連する慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy:CTE)が注目されている。繰り返される軽症頭部外傷に関連 する慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy:CTE)が注目されている。軽症頭部外傷の患者の多くは比較的若年者であり社会的な影響が大きいため、海外ではその病態の解明や診断、治療法の研究が盛んにおこなわれている」

 頭部外傷のひとつの指針として日本臨床スポーツ医学会が公開している「頭部外傷10か条の提言(第2版)」がある。その中でも「スポーツ現場における脳振盪の評価 」などは参考になる。
 
 子どもたちの日ごろのスポーツ活動に関しては やはり心配が耐えない。指導者やボランティア、さらには親でも、こうした知識は持っていたほうがいいだろう。
(文=編集部)