声優の林原めぐみが、CDデビュー26年で初となる単独ファーストライブを6月11日(日)に中野サンプラザで開催する事がラジオ番組『林原めぐみのTokyo Boogie Night』にて発表された。なお、同日昼にはラジオ番組『林原めぐみのTokyo Boogie Night』公演1300回突破記念公開録音が行われる。ライブと公開録音の内容やチケットの販売方法などの詳細は追って発表される。

 90年代のオリコンチャートの常連だった超人気声優の林原は、これまでにシングル42枚、アルバム13枚、ベスト盤7枚を出している。代表曲も多く、声優界のレジェンドとも言える存在だ。しかし、意外にもこれまで単独ライブを行った事はなく、フェスへの参加が数回と、ラジオの公開録音でのミニライブでしか、林原の歌を聞ける機会はなかった。

 林原のファーストライブが開催される中野サンプラザホールは実質2,000席程度のキャパシティ。声優としての人気、知名度、これまでの活動歴などを考えても、キャパオーバーなのは明らかで、ネット上ではファンからの悲鳴が上がっている。現在発表されている公演は6月11日(日)の夜1回のみで、世代を問わずファンの多い林原のライブチケットが争奪戦になるのは必至だ。

 林原めぐみファーストライブは2017年6月11日(日)中野サンプラザホールにて開催。