2012年トーシントーナメントに立浪氏と出場した桑田氏(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

2017 年3月9日(木)〜3月12日(日)の 4日間、ニュージーランドのクイーンズタウンにある「ミルブルック・リゾート」と「ザ・ヒルズ」の2コースで開催される「2017 ISPS HANDA ニュージーランドオープン」に元プロ野球選手の桑田真澄氏が出場することが発表された。
プロツアーで初バーディを奪ってギャラリーの声援に応える桑田真澄氏
同大会は4日間ともにプロアマ戦として開催され、桑田氏はアマチュアとして参戦。2011年5月にはチャレンジトーナメント「富士カントリー可児クラブチャレンジカップ」、2012年9月には元中日ドラゴンズの立浪和義氏と共に「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」に主催者推薦で出場した。
桑田氏は大会公式ホームページで、「ゴルフは野球の投手に似ているところがあり、1球1球の気持ちを切り替える必要があります。今大会は難しいコースセッティングだと思いますので、1つでも多くパーを取りたいです」とコメントした。
「2017 ISPS HANDA ニュージーランドオープン」はPGAオーストラレイジアの主幹トーナメントで2014年から日本ゴルフツアー機構とパートナーシップを結び、宮里優作ら25名が日本ツアーから出場する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【森口祐子の展望テンコモリ】堀琴音が初優勝するために必要なこと
テーラーメイド・初代『M2』を買うべき人は?