カズ(左)にエールを送ったデル・ピエロ(右) 。写真:SOCCER DIGEST、Alberto LINGRIA

写真拡大

 2017年2月26日のJ2リーグ開幕戦で、横浜FCの三浦知良が松本山雅戦で先発出場。Jリーグ史上初めての50歳での試合出場を果たした“キング・カズ”の偉業に、国内だけでなく世界各国からも称賛の声が挙がっている。
 
 そんな中のひとりが、かつてユベントスやイタリア代表10番を背負った“ファンタジスタ”、アレッサンドロ・デル・ピエロだ。
 
 デル・ピエロは横浜FCの試合後に自身の公式ブログ(日本語版)を更新。以下のようなメッセージを送っている。
 
 「決して消える事の無いサッカーへの情熱、そしてそれはまだまだ続く…
カズさんお誕生日おめでとう! 健闘を祈っています! 」
 
 2014年にデリー・ディナモスFCを退団して以降、所属クラブがなくセミリタイア状態にあるデル・ピエロ。50歳を迎えてもなお、プロとしてサッカーと向き合うカズの挑戦には、イタリアのファンタジスタも感銘を受けたようだ。