【試乗】2モーターで加速も強力! トヨタ・プリウスPHVは高くても買い(動画あり)

写真拡大 (全47枚)

EVモードを選択しておけばエンジン始動せず静かにスタート

「これがトヨタの、答えです」と発表会で高らかに宣言され、登場したのがプリウスPHV(プラグインハイブリッド)だ。

プリウスといえば昨年4代目へと進化した新型が登場して注目を集めたばかりだが、早くもその進化モデルが登場したことになる。実情を明かせば昨年度内にPHVモデルも追加投入されるスケジューリングだったが、のちに触れるカーボンセラミック製テールゲートの生産体制が遅れたなどの理由で年を跨いでの登場となってしまった。


ではPHVとなったプリウスが一体どんな仕上がりになっているのか、早速試乗リポートを報告しよう。

今回試乗したモデルはSナビパッケージ仕様だ。プリウスPHVには、ベーシックのSと装備アップしたAの基本2グレードがあり、ベーシックのSにナビゲーションをセットしたのがSナビパッケージ。AグレードにはAプレミアムという豪華仕様もラインアップされるが、話題のソーラーパネルをルーフに設置できるのはSグレードのみになる。


試乗したSナビパッケージには残念ながらソーラーパネルは装着されていなかったが、11.6インチという大型ディスプレイパネルがインパネ中央に設置され未来感が高められている。


運転席に着座すると、このディスプレイの大きさに驚かされるが、そのほかのユーティティ、装備類はプリウスとほぼ同様で使い勝手として特別なものはない。


スタートスイッチを押し、機能をスタートさせる。通常のプリウスの場合は条件によってはエンジンが始動してしまうが、プリウスPHVはこの時点ではエンジン始動しない。ちなみに試乗当日の外気温度は7度で、エアコンは設定温度24度でオートのスイッチが押されていた。

さらにシートヒーター(運転席及び助手席に装備)もスイッチが入っていたが、それでもエンジン始動しないまま走り始めることができる。これは始動時のデフォルトがEVモードとなっているためで、どんなに外気温が下がっていてもエンジン始動させないままEVとして走り始めることができるのだ。


たとえば住宅街などの深夜・早朝など、エンジンを始動させないまま静かに出発したいのに、エンジンがかかってしまうという状況が多くのプリウスユーザーから寄せられていたが、PHVはそんな要望に完璧に応えている。

2つのモーターによりプリウスHVよりも鋭い加速

EVで走り始め車速を上げてもエンジンは始動せず、そのまま最高135km/hまでEV状態が維持できる。さらに満充電からの航続距離もJC08モードで68.2kmまで走るのだ。従来のプリウスPHVに対して2倍以上のEVモード航続距離を可能にしたのは、もちろんバッテリー容量がアップされたことによる。


今回プリウスPHVに搭載されたメインバッテリーは、パナソニック製のリチウムイオンバッテリーで、25Ahと約2割高められた。総電力量は8.8KWhで、バッテリー本体はリヤラゲッジスペース下に搭載されている。このためラゲッジフロアは若干かさ上げされており、荷室容量は減少しているが、使い勝手を悪化させるほどのレベルとは言えはない。


走行フィールとしてはTNGAプラットフォームによる重厚感ある走行フィールがそのまま活かされており、エンジン始動頻度が激減したことで、静粛性、快適性はさらに高まった印象だ。アクセルを無理矢理踏み込めばエンジン始動させられるが、その際の始動ショックも少なく、ノイズの遮音性も良好で、意識しなければ気づかないほどのレベルになった。


エンジンが始動しなくても動力性能は不足ない。プリウスPHVでは従来発電用ジェネレーターとして使っていたモーターを駆動にも使えるような仕組みとすることで、メイン駆動モーターの53kWに加えてジェネレーター/モーター23kWで、計76kWの出力を瞬時に引き出せることとなった。

その加速力は強力で、まるでプリウスにターボでも装着したかのような力強さだ。それがエンジンを始動させずにEVのまま引き出されるのだから驚きだ。


その効果は高速道路の流入など、加速が必要な場面で極めて有用で、静かかつスムースに車速を乗せることができ、ドライビングがスマートにこなせる。

今回試乗したSナビパッケージ車は15インチタイヤが標準で装着されており、ブランドはブリヂストンのエコピアだった。もともと燃費に振ったエコタイヤなので燃費や電費は良好だが、Aグレードに装着される17インチのコンチネンタルタイヤを装着した場合にはEVモード航続距離が55.2kmに、電費も10.54km/kWhから8.65kWhに低下してしまうというからユーザーは注意深く選択する必要がある。

車両価格は高いがそれだけの価値が感じられる内容

PHVである以上、充電機能についても紹介しておく必要があるだろう。プリウスPHVは普通充電として100Vの通常家庭用電源と200Vの交流電源を利用でき、急速充電にも対応している。

100Vでは約14時間、200Vでは約2時間20分、急速充電は約20分の充電時間とされ、電気料換算だと100Vの標準的な家庭用電気契約の場合は概算で130円ほどだという。レギュラーガソリン約1リッターの料金で60km走れるのなら経済性も優れているといえる。

68.2kmというのはJC08モード走行時なので、実際には市街地で30kmほどのEV航続距離になると考えられる。プリウスPHVのPHVの所以たるHVモードでは、燃費が37.2km/L(17インチタイヤだと30.8km/L)なので、市街地ではEVモード、高速道路などではHVモードで走るようにドライバーがスイッチングで積極的に選択することがお薦めだ。

ちなみにEVモードスイッチを長押ししているとチャージモードに切り替わり、停止中でもエンジンが始動してバッテリーに充電を行う。チャージモードでバッテリーをフル充電にするにはガソリンを2.5リッターほど消費することになるそうで、それだとコスト的には高くなってしまう。


プリウスPHVの走行性能は、質感、ハンドリング、直進安定性そして動力性能も文句ないレベルであることが確認できたが、惜しむべきは乗車定員が4名に制限されてしまったことだ。後席は左右独立タイプになりセンターコンソールが備わって高級感は増したが、実際には5人乗車が必要なユーザーは購入を控えざるを得ない。

また価格がベーシックのSでも320万円から、と高額になった。試乗車のSナビパッケージ仕様では366万円にもなり、さらにルーフのソーラーパネルを装着するとなると28万円をプラスしなければならない。

リヤテールゲートをガーボンセラミック製とすることで大幅な軽量化を実現し、燃費や運動製能向上に寄与させるなど、リチウムイオンバッテリーだけでなくコストのかかった作りであることは理解できる。


スタイリッシュでカッコよくなったフロントグリルやリヤコンビネーションランプ回りのデザインも一新され、4代目プリウスの不評だった部分の多くは改善された。クルマとしての魅力の高まりが価格上昇に反映されてしまうのは理解しなければならないだろう。


【プリウスPHV画像ギャラリー】