写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本銀行は2月28日、決済動向(2017年1月)を発表した。

これによると、2016年の電子マネー決済件数は51億9,200万件(前年比11%増)、 5兆1,436億円(同10.8%増)だった。1件当たりの決済金額は991円。発行枚数は3億2,862万枚、うち3,091万枚は携帯電話が占める。

プリペイド方式のうち、IC型の電子マネーが対象。「楽天Edy」(楽天Edy)、「SUGOCA」(九州旅客鉄道)、「ICOCA」(西日本旅客鉄道)、「PASMO」(パスモ)、「Suica」(東日本旅客鉄道)、「Kitaca」(北海道旅客鉄道)、「WAON」(イオン)、「nanaco」(セブン・カードサービス)の8社から提供されたデータを集計したもの。交通系については、乗車や乗車券購入に利用されたものは含めていない。