写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マスタードシードはこのほど、AMDの最新CPU「RYZEN 7」シリーズに対応するAMD B350チップセット搭載のASRock製マザーボード4モデルを発表した。「RYZEN 7」シリーズと同じ3月3日の発売を予定する。

ATXモデルとして「Fatal1ty AB350 Gaming K4」「AB350 Pro4」の2モデル、マイクロATXモデルとして「AB350M Pro4」「AB350M-HDV」の2モデルをそろえる。

○Fatal1ty AB350 Gaming K4

B350チップセット搭載のゲーミングマザーボード。オーディオ機能「Creative SoundBlaster Cinema 3」やイルミネーション「AURA RGB LED」、金属で補強したPCI Express x16スロット「スチールスロット」を搭載するほか、マウスのレポートレートを調整可能な「Fatal1ty Mouse Port」を備える。店頭予想価格は税別13,980円前後。

○AB350 Pro4

スタンダードモデルである「Pro」シリーズの製品。高品質なチョークコイルや高密度ガラス繊維、2オンス銅箔層基板を採用する。価格は税別12,480円前後。

○AB350M Pro4

スタンダードモデルである「Pro」シリーズのマイクロATXマザーボード。AB350M Pro4と同様に高品質なチョークコイルや高密度ガラス繊維、2オンス銅箔層基板を採用する。価格は税別9,980円前後。

○AB350M-HDV

高密度ガラス繊維や固体コンデンサを採用したコストパフォーマンス重視のマイクロATXマザーボード。価格は税別8,980円前後。