【ひな祭りも花見も】時間がないYouは一度にやっちゃえばいいじゃない!エクストリームひな花祭り

写真拡大

「ねえ、ねえマスター、あのさ〜。いや、無理だと思うよ。無理だと思うけど一応聞くよ。エリザベスのやつがね。3月上旬で帰国しちゃうんだけど、『帰る前に、日本のひな祭りと花見が見たかった〜』なんて言うんだよ。え?い、いや、別にそこは勘違いしないでほしいんだけどね。あくまで国際交流で、異文化コミュニケーションというかね。まだ2月だけど、不可能を承知で聞くけどさ。」

「ひな祭りも花見も一挙に楽しむ方法なんてあるわけないよね?」

「え? あるの?」

どうも。オマツリジャパン専属、奇祭ハンターのMacです。
というわけで、今回はお祭りマスター直伝、時間がないYou(君だよ、君!)のための「ひな祭りも花見も一挙に楽しむエクストリームひな花祭りコース」をご紹介。

※色々あってエリザベスは行けなくなったので
一人でレポートしてきました(お察しください)。

■この記事の完全版(写真付き)を見る

まずは「ひな祭り」から。
ここでは開成町の「瀬戸屋敷ひな祭り」(毎年2月中旬〜3月初旬開催)を選択!
新宿から小田急線で開成駅下車。シャトルバスで会場へ。

※完全版記事に写真あり

会場は築300年の古民家「瀬戸屋敷」。江戸の情緒を感じさせますね。

※完全版記事に写真あり

地元の蔵から発見された300年前の「享保雛」ほか、婦人会手づくりによる「つるし雛」7000個以上を展示。

※完全版記事に写真あり

奥の土蔵では高さ2.4mの「大つるし雛」も展示。

※完全版記事に写真あり

すぐ隣には「古民家カフェ」も併設。

※完全版記事に写真あり

こちらではリサイクル着物や足利茶などが販売されていました。

え?ひな祭りはもう堪能したから、花見はどうしたって?
フフ。ここからが真骨頂。
この開成町の隣り町、松田町では「まつだ桜まつり」(2月中旬〜3月中旬)が絶賛開催中なのであります!
(なるほど。マスターのやつ、考えたね)

この町にある松田山では、約360本の早咲きの河津桜と菜の花が、
一足早く春色に染まるのであります。

各駅停車で小田急線「新松田駅」へ。さらに歩いて「松田駅」へ。
どうやら、この松田駅から北上したところにある小高い丘、松田山(西平畑公園)に桜が咲き乱れているようです。

※完全版記事に写真あり

駅から丘の上まで向かう送迎バスも出ていますが……。
ぶらり旅を楽しむには、そう。「徒歩」の1択ですね。
実際、歩いて15〜20分ほどです。

※完全版記事に写真あり

奥のドラクエっぽいほこらをぬけて、しばらく歩くともう山のふもとでした。

※完全版記事に写真あり

桜と菜の花のコラボ。

※完全版記事に写真あり

桜とすべり台のコラボ。

※完全版記事に写真あり

桜と夜景のコラボ。

うーむ。これはカメラ必携ですよね。

※偶然写して、いや写っていませんが……、桜まつりの時期はカップルも(うじゃうじゃ)多いので、心臓の弱い方の一人探訪はくれぐれも自己責任でお願いします!

寂しく傷ついた俺の心を癒してくれるのは、いつも「お前」。
そう、ご当地ラーメンですね。

※完全版記事に写真あり

今回は小田原系しょう油ラーメンで知られる「AQUA」さんを訪問。

あっさりとした中にもコクのあるしょう油系のスープに、
中太縮れ麺がガッツリ絡む逸品です。
チャーシューは厚めです。

※完全版記事に写真あり

お土産には「足利牛カレー」もおすすめですよ!

「私もエクストリームひな花祭りしたくなった!」
「足利牛カレーが美味しそうだな。」
「一枚目の写真のひな人形の顔が怖いよ。」
という方はオマツリジャパンまで。