【警告】京都=闘莉王(26分) 山形=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】本田拓也(山形)

写真拡大 (全2枚)

 [J2リーグ開幕戦]京都1-2山形/2月26日/西京極
 
【京都|チーム採点】
京都 5
交代選手が停滞していた攻撃を活性化させ、終盤に1点を返すなど意地を見せたが、ホームでの開幕戦を勝利で飾れなかった。
 
【京都|選手採点】
GK
1 菅野孝憲 5.5
崩された形とPKによる2失点を許すも、それ以外では安定感のあるプレーを披露した。
 
DF
4 田中マルクス闘莉王 5
自陣から正確なロングフィードを送り込んだが、54分のカウンターの対応では痛恨のPK献上。
 
6 本多勇喜 5
先制点の場面では瀬沼に背後を取られた。攻め上がった際の左足クロスも精度を欠く。
 
15 染谷悠太 5
石櫃の裏のスペースのカバーは修正が必要。ビルドアップも相手のプレスに苦しんだ。
 
MF
2 湯澤聖人 5.5
本来とは逆の左サイドで起用されたが、豊富な運動量で上下動を繰り返してボールを運ぶ。
 
5 吉野恭平 5
プレッシングの意識は高いが、連動した守備につながらない。ハ・ソンミンとのコンビも課題を残す。
 
8 ハ・ソンミン 5(59分OUT)
負傷明けで周囲との連係面はまだまだ。一方で対人守備の強さなど、今後への期待も抱かせた。
 
30 石櫃洋祐 5
積極的に前へ出たが連動した崩しが少なく、常に相手に対応されてクロス供給の場面は数えるほど。
 
FW
10 エスクデロ競飛王 5
ボールを受けに下がるなど攻撃を作る動きが多かったが、本来のゴールに向かう怖さは影を潜めた。
 
16 イ・ヨンジェ 5(59分OUT)
持ち味である推進力を発揮した場面は数えるほど。単独突破もなかなか実らず、本調子には程遠い。
 
31 大黒将志 5(82分OUT)
裏を狙う動きを繰り返すが出し手とタイミングが合わない。起点にもなれず、シュート0本に終わる。
 
交代出場
MF
14 仙頭啓矢 6.5(59分IN)
技術とビジョンを発揮して、ボランチの位置から攻撃を構築。積極的に前線へ縦パスを送り込んだ。
 
FW
13 岩崎悠人 6.5(59分IN)
デビュー戦から躍動。攻撃の流れを止めずにプレーし、正確なクロスで初アシストを記録した。
 
9 ケヴィン・オリス 6.5(82分IN)
空中戦の強さを生かして前線の起点となる。ヘッドによる来日初ゴールなど、終盤の反撃に一役買った。
 
監督
布部陽功 5.5
後半に選手交代が成功して悪い流れを変えたが、ビルドアップやカウンターの対応は修正点だ。
 
【山形|チーム採点】
山形 6.5
山形は攻守の切り替えが徹底されていた。サイド攻撃から前線の高さを生かす狙い通りの形で先制点を奪い、守備も機能して8年ぶりの開幕戦勝利となった。MOMには中盤で起点となった本田を選出。
 
【山形|選手採点】
GK
1 児玉 剛 5.5
安定していたが唯一、前に出ながらクロスに関与できなかった失点シーンだけが反省点だ。
 
DF
15 加賀健一 6
スピードを生かした対応で自陣をケア。背後を狙う大黒ら相手攻撃陣に自由を与えなかった。
 
5 菅沼駿哉 6
昨年まで所属した古巣を相手に奮闘。セットプレーでは闘莉王をマークして抑えた。
 
20 茂木力也 6
ボールを受けに下がる相手に食らい付く粘り強さに加えて、的確なカバーリングも光る。
 
MF
10 鈴木雄斗 6
PK以外で決定的な仕事は少なかったが、ミスも無い。山田投入後はシャドーの位置に回った。
 
14 本田拓也 6.5
ポジショニングや判断が的確。先制点で瀬川に出したボールなど、正確なパスを供給し続けた。
 
8 風間宏希 6(82分OUT)
シンプルにパスをさばき、後半にはPK獲得につながるパスも出した。本田と共に中盤を支える。
 
2 瀬川和樹 6.5(90+2分OUT)
先制点をアシストした鋭いクロスなど左足が光り、守備でも対峙した石櫃をよく抑えた。
 
9 瀬沼優司 6.5
プレッシングなど守備の役割を献身的にこなしつつ、貴重な先制点をヘッドで叩き込む。
 
18 南 秀仁 6.5(67分OUT)
パスを引き出して中継役をこなしつつ、自らも仕掛ける。55分にはカウンターからPKを獲得。
 
FW
11 阪野豊史 6
シュートシーンは訪れなかったが、前線で身体を張るなど攻守に渡って役割をこなし続ける。
 
交代出場
DF
6 山田拓巳 6(67分IN)
右サイドに投入。2点リードの状況でサイドを埋めて、攻撃時は攻め上がるなど及第点。
 
MF
7 松岡亮輔 ―(82分IN)
 
DF
13 石川竜也 ―(90+2分IN)
 
監督
木山隆之 6.5
ビルドアップに課題はあるが、攻守の切り替えの早さなどチームからは木山イズムが感じられた。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文:雨堤俊祐(サッカーライター)