MF水沼宏太は全治4週間と診断された

写真拡大

[故障者情報]

 セレッソ大阪は28日、MF水沼宏太が検査の結果、右ハムストリング筋損傷で全治4週間と診断されたことを発表した。

 水沼は25日にホームで行った磐田戦に先発出場したが、後半4分に負傷交代していた。尹晶煥監督も試合後の会見で、早期復帰は難しいとの見方を示していた。

 またC大阪はMF阪本将基も左ハムストリング筋損傷で全治3週間と診断されたことを発表。同選手は24日の練習中に負傷した。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ